脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2008/10123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のマスターコースで、志向性について報告されました

志向性をどのように訓練に導入するのか

今回、志向性に着目して患者さんの訓練を行いました

その成果とは…


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

今年のマスターコースで強調されたポイントの一つとして、

志向性について報告されました(詳しくはコチラ

志向性をどのように訓練に導入するのか

難しいところです



セラピストは、

セラピストの模範解答に向かって患者さんを導くのではなく、

患者さんがなぜその情報が大切なのかを気づくように、

自ら問題解決の方法を見出すように導かなくてはならない





その重要性はわかりますが、実際に訓練で行おうとすると難しそうです



今回、志向性に着目して患者さんの訓練を行いました



上腕骨骨折の患者さんです

端坐位では重心が健側有意

患側の大胸筋の筋緊張が亢進しており、

肩甲帯は軽度外転・上方回旋位となっています

前方へのリーチング動作では、肩甲帯の挙上が早期に出現します



大胸筋の筋緊張亢進を目的として、

肩甲帯周囲への接触課題を行いました

硬度の異なるスポンジを認識する課題です



スポンジを肩甲帯の内転・下方回旋方向に接触させます

患側でも硬度の違いは認識できます



しかし




同じスポンジで左右を比較してみると…




患者さん「悪い方が強く押されています 良い方はフワッとしています

患側を硬く認識しています

また、スポンジを接触させると、

健側は肩甲帯の内転・下方回旋が出現しますが、患側は出現しません



志向性を考えると、

どのような身体であるべきか

どのような情報が必要なのか

を患者さんに自ら気づいて、考えてもらうように導くことが重要


なのだと感じました




そこで



患者さんに聞いて見ます



セラピスト「なぜ、悪い方のほうが強く押されると感じるのですか


患者さん「悪い方のほうがグッと押されるからです


セラピスト「グッと押されるのは、どのような感じがあるから思ったのですか


患者さん「押されたときに、体が後ろにいきそうになるからです



健側とも比較してみます



セラピスト「良い方と比べると、悪い方はどこが良くなったら後ろに行かなくなりそうですか


患者さん「押された時に、良い方はお尻がどっしりして安定しています

     悪い方はお尻がどっしりしていなくて後ろに転がっていきます


セラピスト「悪い方は、どうなれば大丈夫そうですか


患者さん「お尻がどっしりしていれば大丈夫そうですね



課題を通じて、殿部の圧覚に問題が生じていることが考えられました

殿部の圧覚が適切に認識できず、殿部から体幹に筋緊張の異常が生じた結果、

大胸筋にも筋緊張が出現しているのかもしれません



肩甲帯への接触課題を続ける中で、殿部との関係を聞いていきます



セラピスト「悪い方はスポンジを当てるときにお尻はどうなっていますか


患者さん「お尻は変わりません


セラピスト「それでは、良い方はスポンジを当てるときにお尻はどうなっていますか


患者さん「お尻にも力がかかります



やはり、患側では殿部と上部体幹との関係性がとれていないかもしれません

患側でも殿部の圧覚との関係が結べると大胸筋の筋緊張が制御されるかもしれません

早速、患側でも殿部の圧覚に注意を向けるように導きます



セラピスト「悪い方でもお尻に力がかかったら、押されなくなりそうでしょうか


患者さん「そうですね


セラピスト「それでは、悪い方でもスポンジを当てるときに、

      お尻に力がかかるか気をつけてみてください






何度かやってみます






すると






患者さん「あぁ~今はお尻に力がかかっていますね

    「今はお尻がどっしりしています




患側の殿部の認識が変化しました



同時に大胸筋の筋緊張が制御されています

患側のスポンジの認識も変化しているかもしれません



セラピスト「今は右左でスポンジの感じはどうですか


患者さん「悪い方は今は強く押されていないです フワッとしています



殿部の圧覚に注意が向き、殿部から体幹の関係性が結べた結果、

スポンジに対する認識も変化し、大胸筋も筋緊張が制御されました





その後に、患者さんから嬉しい記述が






患者さんお尻がどっしりしていれば、肩は軟らかいのですね


殿部の圧覚に注意することの重要性に気付いていただきました



嬉しいです





今回は、接触課題の後に、

殿部や体幹に注意をしながら、上肢の空間課題を行いました



上肢の空間課題を通じて、


患者さんお尻がどっしりしていると、手が楽に上がります


と記述していました



今回の内容が、志向性について適切に導入できていたかはわかりません

皆さんのご意見をいただければ幸です

これから、いろいろと勉強し検証して行きたいと思います

今回のアカデミアも志向性についての話があるので楽しみです



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今2位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今73位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/97-c37f928e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。