脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この度、待ちに待った新書発売されました

脳科学と理学療法です

どのような内容か楽しみです

著者を見てみると…驚きの事実


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
この度、待ちに待った新書発売されました

脳科学と理学療法です
脳科学と理学療法

(購入される方はコチラ
脳科学と理学療法 (理学療法MOOK (16))脳科学と理学療法 (理学療法MOOK (16))
(2009/03)
大西 秀明森岡 周

商品詳細を見る



MOOKのシリーズから脳科学について新書が発売されるとのことで、

以前から楽しみにしていました



責任編集として畿央大学の森岡周先生



目次を見ると4章から構成されています…



第4章の「臨床編」の著者を見てみると驚きです







なんと







著者の多くが認知運動療法関係の先生です



日本のリハビリテーションを変えることに繋がる一冊になるかもしれません

早速、購入して熟読したいと思います

購入される方はコチラ
脳科学と理学療法 (理学療法MOOK (16))脳科学と理学療法 (理学療法MOOK (16))
(2009/03)
大西 秀明森岡 周

商品詳細を見る




ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



コメント
この記事へのコメント
No title
 これは楽しみな本ですね~。まったく知りませんでした。
 しかし、認知運動療法関係の本はほとんど持っていても、どの本も難しくて実はほとんど理解できていないのです。
 でも「そういえばあんなことが書かれてあったな」くらいは記憶に残っているので、今日から始まった授業(ちなみに現在3年生です)や、実習でそれらはきっと役立つと思います。
 そういえば今日、症例から治療方針をグループで考える授業があったのですが、今まで本を読んでいただけの認知運動療法の勉強がようやく生きてきたって感じがしました。
 座位バランスの安定の為に閉眼で深部感覚の再学習をするべきだという僕と、「わざわざ閉眼にしなくても鏡などで姿勢を見て身体の傾きを確認すればいい」という班員の意見に割れたりもしましたが、有意義な時間だったと思います。これからの授業も楽しみです。
2009/04/06(月) 22:35 | URL | getemono #-[ 編集]
楽しみですね☆
>getemonoさんv-22

認知運動療法関係の本は難しいですねv-393

脳科学の視点から認知運動療法を説明していると思うので、
今回の本は特に楽しみですv-21

>座位バランスの安定の為に閉眼で深部感覚の再学習をするべきだという僕と、「わざわざ閉眼にしなくても鏡などで姿勢を見て身体の傾きを確認すればいい」という班員の意見に割れたりもしました

セラピスト同士でも議論されるようなテーマですねv-280>

活発な議論がなされたようで、良かったですねv-353

またの報告を楽しみにしておりますv-278
2009/04/06(月) 23:16 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/91-b764459d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。