脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2008/10123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この度、鳥取京都認知運動療法勉強会が開催されることになりました

小川先生は、先日の札幌ベーシックでもお世話になった先生です

新年度が始まり、勉強会にも新しい風が入ってくることと思います


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
この度、鳥取京都認知運動療法勉強会が開催されることになりました

詳細は以下の通りです



松江認知運動療法勉強会

日時:4月25日(土)14:00~
場所:松江市立病院 2階講堂
内容:
  14:00~ H21年度 松江ETC勉強会 総会
  14:30~ 私の意識経験
  15:00~ 講義・実技(YMCA米子医療福祉専門学校 小川先生)

以上の内容は、変更の場合もありますのでご了承下さい。

勉強会後の懇親会に参加される方は合わせてお知らせください。
お誘い合わせの上、多数のご参加をお待ちしております。
なお、参加申し込みの締め切りを4月22日(日)とさせて頂きます。
参加希望の方は事務局までご連絡ください。

松江認知運動療法勉強会 事務局
matsue_etc@yahoo.co.jp



小川先生は、先日の札幌ベーシックでもお世話になった先生です

とても、講義がわかりやすく、認知運動療法に対する情熱を感じました



京都認知運動療法勉強会

4月15日(水)19時00分~21時30分、キャンパスプラザ京都にて勉強会を開催します。
内容は、
   (1)文献抄読 メルヴィン・グッデイル・他「もうひとつの視覚」新曜社
   (2)討議「ETCが実践可能となるために:棚上げ・勉強・作業」 の予定です。
  
  文献に関して、文献そのものを読んできてもらうのが一番いいですが、難しければ「認知運動療法
  研究2008」掲載の文献紹介(小鶴先生)や、脳科学の文献で「何の」「どこの」視覚経路(腹側経
  路と背側経路)について調べてきてもらえればと思います。
  (2)については、在イタリアの松田さんからの若干の情報や、先月のディスカッション、今回の文
  献なども踏まえて、ETCの実施方法について議論していきたいと思います。

参加費は今回より300円です。
参加希望の方は前日までにメールにてお知らせください。info2@etckyoto.skr.jp 希望者多数の場合は先着順となります。
上京病院 佐藤正俊



私は、いつも参加させていただいている京都に行く予定です

新年度が始まり、各地の勉強会にも新人さんが参加することが多くなると思います

新しい風に期待です

少しでも多くのセラピストが認知運動療法に興味をもってくれることを心から願います



ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/90-12a251a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。