脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2008/10123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る3月20日~22日に認知運動療法研究会主催の

認知運動療法ベーシックコース(札幌)に参加してきました

今回は、症例発表をさせていただきました

故郷である北海道の地での症例発表となり、貴重な経験となりました

熱い先生方との出会い、おいしい北海道の食材…

充実した三日間となりました


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


去る3月20日~22日に認知運動療法研究会主催の

認知運動療法ベーシックコース(札幌)に参加してきました



当日入りは難しいため、3月19日には北海道へ向かいました

飛行機は朝8時55分発

眠たい目をこすりながら、

大阪国際空港(伊丹空港)から一路、北海道へ
伊丹空港



機内では、機長のおもしろいコメントにみんなの笑みがこぼれます

飛行機もサービス業なのだなぁと感じました

新千歳空港へ到着後、機内から手を振る機長を見て、

「この飛行機に乗ってよかったな」と癒されました
機長



札幌駅へ向かう電車(快速エアポート)の中で一面の雪景色を見て、

北海道へ帰った着たことを実感
雪景色



北海道は、幼稚園から高校卒業まで過ごした地であり、自分にとって故郷のような存在です

懐かしい思いと、故郷で発表させていただくことの重大さを感じました

少しでも故郷に恩返しができれば…

気持ちが高鳴ります



札幌駅に着いたら、ラーメンを食べるつもりだったので、

電車の中では、グルメの口コミサイト(食べログ)を見ながら、

札幌駅周辺のおいしいラーメン屋をチェック


いよいよ札幌駅に到着

札幌にもICカードの利用が始まったようで、

Kitacaという名称に一人で笑ってしまいました
キタカ




口コミサイトで人気であった、一粒庵へ
ラーメン屋


ランチ時であったせいか、約20分待ちます


頼むのは、当然味噌ラーメン
ラーメン



濃厚なスープにちぢれ麺がからみ、おいしかったです

そして、以外にチャーシューが軟らかいっ

満足な一杯でした




昼過ぎにホテルに到着後、自分の発表の準備をしていました

夕方には、高知医療学院の高橋昭彦先生が時計台病院で開催される勉強会での講演があり、

私もついていかせていただきました

「急性期でのリハビリテーションはどうあるべきか

ということがテーマとなりました



勉強会の後は、時計台病院の先生方と懇親会

時計台病院でも認知運動療法を実践されているセラピストが増えているようで、

熱い先生方とディスカッションをさせていただきました

札幌時計台をパチリ
時計台




いよいよ20日からは、認知運動療法ベーシックコースが始まりました

参加者は約60名

北海道内のセラピストが半分、道外のセラピストが半分となりました

一昨年に札幌のベーシックコースに参加したときには、

道内のセラピストが約3分の1であったので、

北海道での認知運動療法の広がりを感じました

一日目は講義中心の内容となりました



今回は珍しく初日に懇親会がありました

北海道らしくジンギスカンです
ジンギスカン



おいしい肉とビールを交わしながら、道内外のセラピストとディスカッションをさせていただきました

「意識障害を呈した患者さんには、どのように行うのか

「失語症を呈した患者さんには、どのように行うのか

「臨床で行うには、どのような手順で行うのか


質問をいただきながら話が盛り上がります



二次会でもディスカッションは続きます

二次会では北海道認知運動療法勉強会のスタッフの方々とご挨拶をさせていただきました

最近、ホームページが完成したそうです

比較的、若いセラピストが多く、どなたも熱い気持ちを持っておられる方々でした

私の故郷も北海道であることを伝え、

今後も何かできることがあればお役に立ちたいことをお伝えしました

二次会は1時半に終了

外に出ると吹雪であり、ここが北海道であることを実感しました



二日目は実技中心の内容となりました

午後からは約10名ずつのグループに別れて、実技を行いました



私のグループでは、具体的な臨床例を挙げながら行い、

少しでも臨床につなげることを意識して行いました

中でもスポンジ課題を中心に行いました

健常者でも、スポンジからは、注意の向け方によって、

たくさんの情報を認識できることや、

筋緊張が高くなると認識が変化することを実感していただきました

やはり、実技になるとディスカッションが行いやすいので、

受講生の目が輝いているのを感じました

初日に懇親会があったため、すでに面識がある方も多くディスカッションが行いやすかったです

初日の懇親会も有効かもしれません



二日目にあった歩行の実技の中で、被験者になったセラピストが

立位や歩行時に膝折れが生じる方であることがわかりました

左足部が偏平足であり、立位で膝関節に内側(外反方向)へ力がかかると膝折れが生じます

「膝を少し曲げるか、ロックして歩いています

とのことです

いろいろなリハビリを受けたそうですが、なかなか良くならなかったそうです

どこに行っても「将来は変形性膝関節症になると言われていたそうです



なんとかしてあげたい



実技の時間でしたが、講師の先生に許可を得たうえで、治療させていただきました



治療時間は約40分



不十分ではありますが、変化が見られました

立位や歩行時の膝折れがかなり軽減しています

そのセラピストは、

「全然違います かなり楽になりました

と喜ばれていました

治療の効果が出てよかったです


治療後に、何が変化したかを問うと、

「今までは、親指側に力を入れると膝折れが起こるので、

小指側に力を入れて立っていました

しかし、今回、親指側の反発力(圧覚)に注意すると力を抜いても

立つことができるのがわかりました


とおっしゃっていました

まさに認知過程(詳しくはコチラ)が変化した瞬間です

治療を通じて、運動しやすいコツを学習されたのだと思います

家に帰っても反発力(圧覚)に注意するように指導させていただきました





治療の詳細はというと・・・






後日、アップしようと思います





翌朝、昨日、治療させていただいたセラピストに調子を聞いてみました



すると



「家に帰ってから足底の反発力(圧覚)に注意していたら、

今日のほうがよくわかります


と嬉しい現象が



また、

「今までのリハビリでは、

一時的に良くなるのですが、すぐに戻ってしまいました

今回、治療していただいて何を注意すればよいのか分かりました


とおっしゃっていました

昨日、学習したことを自ら応用した結果、昨日より今日の方が良くなるという結果になりました

認知運動療法ならではだと思います



三日目は、いよいよ私の発表です



テーマは、「症例提示~観察から治療まで~」です

左片麻痺の症例を通じて、観察から訓練にいたるセラピストの思考過程を順序だてて説明しました

治療の動画では、認知過程を活性化するためのセラピストの援助の意味や、

セラピストの思考と外部観察との関連性を説明していきました



発表の最後には、昨日、治療させていただいたセラピストに治療を受けた感想を述べていただきました



私の発表と治療の体験談から、受講生の方々には、

認知運動療法を通じて、運動しやすいコツを学習することによって、

運動や経験が変化する
ということが伝わればと思いました



やっと発表が終了

ホッとする気持ちを感じながら、残りの講義を聞かせていただきました



昼の弁当では、カニの弁当を用意していただきました
かに弁当


久しぶりに食べるカニはおいしかったです



今回のベーシックコースは、強調している点が多く有りました

認知運動療法では、認知過程へのアプローチを行っている

認知過程のどこに問題があるのかを評価する

特異的病理を含めた外部観察の重要性


今後、自分の足りないところをまだまだ勉強していかなければなりません



北海道では、多くの仲間と出会い、刺激をもらうことができました

帰りには北海道の先生方から、

私が帰省時に勉強会に来てほしいとの嬉しいお言葉を頂きました

これからも、北海道をはじめ、

少しでも多くの地域に認知運動療法を広めるお手伝いができれば嬉しく思います



千歳空港では、帯広名物の豚丼を食べて帰路に着きました
豚ドン



熱い先生方との出会い、おいしい北海道の食材…

充実した三日間となりました



ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



コメント
この記事へのコメント
こんばんは
北海道認知運動療法勉強会の木村です。先日の札幌Basic course、お疲れ様でした。先生方の講義や実技を吸収すべく集中し、あっという間の3日間でした。その後参加者の方々からは「臨床での考え方が変わった」「患者さんの言葉に今まで以上に注目するようになった」との声がたくさん聞かれ、これを機に益々北海道に認知運動療法が広がっていくことを期待しています。
治療を受けた同僚のその後ですが、私の治療展開が不十分で「変化は感じるけれど自分で何故変化したのかがよく分からない」との記述があり、改めて先生の治療展開を再考しております。
手技や展開の未熟さに向かい合い、日々進化し続けられるよう努力したいと思います。
駄文失礼しました。それでは。
2009/03/31(火) 00:01 | URL | Kimura #-[ 編集]
被験者でーす
こんにちは。ブログ発見してしまいました(笑)
北海道のベーシックコースで「治療された」者です。
その節はどうもありがとうございました。
自分の体で治療を実感できて、これはこれで貴重な
経験かなと思っています。

その後ですが・・・
足の親指の付け根の、「圧を感じる感覚」今でも、
意識すればすぐ再現できます。v-391
これが本当にすごいところだと思います。
しかし、靴を履いた中や無意識でするのはまだまだ
難しいです。おそらく、無意識では今までどおり
歩いていると思います。

その後、同じ職場のkimuraさんに見てもらったのですが、
何個かおもしろいことがわかりました。

まず膝。

ぜんぜんわかりません(笑)

曲がっていることはもちろんわかるのですが、関節の
とらえどころがわからないというか・・・イメージとしては、
リカちゃん人形ありますよね?
あれって膝は曲がるんですけど針金が一本入っててただ
それでくにゃって曲がるだけじゃないですか。
まさにあの感覚です。「関節」という継ぎ目がわからない
のです。
角がないかんじです。

あとは、足関節。
裸足で歩いていたとき、kimuraさんから一言、
「足指、そんなに過伸展しないと、足関節背屈できないの・・・?」

わたしとしては「??」というかんじでしたが、
たしかにできない。
足指に力を入れずに足関節を曲げようとするとなぜか内反
してしまうんですv-411
ふしぎですね~・・

kimuraさんはいつも頭を抱えてしまうのでした。

先生、今後ともよろしくお願いいたします!
2009/03/31(火) 13:06 | URL | まりえっち #i1feENzU[ 編集]
具合はいかがでしょうか?
>まりえっちさんv-22

札幌Basic courseではお世話になりましたv-354

実技時間に突然、治療をさせていただきまして、ご迷惑をおかけいたしましたv-356

また、講義の最後では、治療の体験に関するコメントをいただきましてありがとうございましたv-353

>足の親指の付け根の、「圧を感じる感覚」今でも、
 意識すればすぐ再現できます。

素晴らしいですねv-21

そんなに再現できるとは、私も驚きですv-19

まさに運動の「コツ」を学習されたのですねv-411

膝関節も足関節もわかりにくいとは、大変なことになっていますねv-393

まりえっちさんは学習能力が高いと思いますので、
一つ一つ積み上げていくことができると思いますv-280

kimuraさんとがんばってくださいv-353

私にできることがございましたら、いつでも連絡いただければと思いますv-278

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたしますv-22
2009/04/03(金) 22:47 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
札幌ではお世話になりました
>kimuraさんv-22

先日の札幌Basic courseではお世話になりましたv-21

地元である北海道で発表させていただくことができて、
私にとっても貴重な体験となりましたv-353
多くの熱い先生方との出会いもあり、とても有意義な時間となりましたv-280

治療をさせていただいた同僚の方に治療をされているのですねv-21
あの時の治療内容について近いうちにアップしたいと思いますv-48
遅くなって申し訳ありませんv-356
私でよろしければいつでも連絡いただければ幸いですv-353

北海道の地で認知運動療法の輪が広がっていくことを心から願っておりますv-22

今後ともうよろしくお願いいたしますv-355
2009/04/03(金) 22:50 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/80-0f6942d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。