脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は臨床の後に、後輩の発表の相談にのっていました

後輩は、週末に予定されている地域の勉強会で発表予定です

院外での発表は初めてとのこと

二人で話していくうちに少しずつまとまってきました

ひと段落した時には、後輩の表情が…


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

最近、季節の変わり目のせい(?)か、リハビリのオーダーが多いです

そのため、今日も一日バタバタしていました

夕方には整形外科の勉強会

終わってカルテを書く時にはヘロヘロでした

やっとの思いでカルテが終了

明日は休みなので代診もお願いしました



今日は昼間に後輩から、

「今日の仕事が終わったら発表の相談に乗ってください

と声をかけてもらっていました

相談してくれるということは、とてもうれしいことです



カルテが終わった7時半頃から二人で発表資料を見ながら話し合いです

今回は、今週末に行われる地域の勉強会で症例発表を行う準備です

後輩にとっては、はじめて院外で発表する機会ので、今から緊張しています

症例は、後輩が訪問リハビリで関わっていた小脳出血の患者さんです



慢性期にもかかわらず認知運動療法を実践した結果、

機能回復が得られ立位・歩行能力が向上しました

ビデオを見ると、初期評価時は立位保持しようとすると後方へ倒れる傾向があり、

歩行時もフラツキが著名です

週3回の介入を行い、2ヶ月には立位保持が可能となり、

歩行時のふらつきも軽減しています



目で見てわかる変化です



今回は地域の勉強会ということもあり、

認知運動療法を知らないセラピストも多くいることが考えられます

そのため、小脳の学習機構や認知機能に着目した内容となりました



運動学習のために小脳は教師役になると言われています

運動学習において、自らがイメージした動きとはかけ離れたものがあった場合、

この誤差が生じている時に、小脳は教師役として誤差を修正する情報を与えます

Gordonらは、「運動制御は過去の経験による、記憶すなわち学習された内部モデルに基づいて行われている」

と述べています

小脳には内部モデルが蓄積されているそうです

また、大脳皮質から脊髄へ下降する運動指令のコピー(遠心性コピー)が、

小脳へ伝えられ感覚情報との比較照合が行われています

運動学習には運動の予測と結果の照合が必要のようです



近年、小脳には運動制御だけではなく認知機能が着目されています

小脳が活動する報告として、

単純な動きであっても認知過程を要求した際には活動する

運動イメージの最中に活動する

選択的注意で活動する

感覚情報を集め、それを選別し知覚弁別するときに活動する

などが挙げられます

(小脳についての詳しくはコチラ
リハビリテーションのための脳・神経科学入門リハビリテーションのための脳・神経科学入門
(2005/05)
森岡 周

商品詳細を見る


脳のリハビリテーション:認知運動療法の提言〈1〉中枢神経疾患脳のリハビリテーション:認知運動療法の提言〈1〉中枢神経疾患
(2005/07)
C. ペルフェッティ

商品詳細を見る



今回の症例発表では、これらの知見を整理した後に、

小脳疾患の運動障害を「運動学習機構の破綻」「注意機能の障害」と捉え、

「どのような情報に注意を向けてよいのか予測がつかない状態」

と仮説を立てました



その後に、認知運動療法の簡単な説明を入れて症例の内容へと進みます

細かいことはあえて避けて、わかりやすい内容にすることを心がけました

簡単に申しますと、

「認知問題を通じて、適切な情報に注意を向けることが可能になると

共に、筋緊張の異常が制御され、立位・歩行能力が向上した」


というものです


後輩からは、

 「この発表を通じて少しでも認知運動療法に興味を持って欲しい」

という熱い気持ちが聞かれました



その気持ちを表現するためにも、良い発表にしたいものです

一般的には、認知運動療法は「難しい」というイメージがあるそうです

前後のつながりなどを注意して、できるだけシンプルにしました

文字が多かったので、図に変えました


作業の途中に後輩が、

「相談してよかったです だいぶ整理できてきました
と喜んでくれました

そう言ってくれると私もうれしいです



勉強会や学会の準備は大変ですが、その過程がとても勉強になります

「発表」という目に見えるものよりも、

目に見えない過程である「準備」が大切
なのかもしれません





2時間後…





なんとか形になりました


作業を終えた後輩がボーっとしています




「僕、もうお腹いっぱいですわ




満足感に満ちた表情です


きっと素晴らしい発表になると思います

「この発表を通じて少しでも認知運動療法に興味を持って欲しい」

という熱い気持ちが一人でも多くの方に伝わることを願います


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



コメント
この記事へのコメント
No title
はじめまして。
コメントありがとうございました。
介護も日々ご苦労があるのですね。
介護される側としては感謝です。
2009/02/18(水) 20:08 | URL | 昭雄 #2tnoHdy6[ 編集]
ありがとうございます
>昭雄さんv-22

コメントありがとうございますv-353

またブログに遊びに行かせていただきますv-280

今後ともよろしくお願いいたしますv-22
2009/02/18(水) 21:03 | URL | 認知運動療法士 白いなまけもの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/55-c3295799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。