脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セラピスト向けの
動きのコツのセミナー動画の第三弾が
完成しました!!!



今回は、動きのコツのリハビリの
運動の問題の原因となっている、
目に見えない”感覚の問題”を評価する
実技を行う上で、
とても多く起こってしまうのが

どのように声をかけたらいいのか
わからない・・・・


ということ。



今回は、その問題を解決するために
大切な考え方
について、
動きのコツ研究所 代表の生野達也が
脳科学の視点から解説しています☆










動きのコツを見つけるためには
繊細な動作分析や言葉のやり取りを通じて、
相手の「感じ方」を評価する共に、
「正しく感じられる」ように
セラピストの介入が必要となります。



まずは、「自分だったら」という視点
元にして、相手の運動の問題と観察して
いくことが大きなポイントとなります。



この視点を持つことで、
普段は考えてもみなかった
新たな解決策”が見えてくるのです。



そのためには、実技を通じて、
深く・細かいやり取り
が必要です。



セミナーの中での実技では、
うまくいかない時は、すぐに講師陣に
相談できて、一所に問題可決をすることで、
実践力が身につくのです。



1日コースの セミナーでは、実技を中心に
評価法や介入方法を詳しく伝えます!

今までは講師1人に対して10名の
受講者で実技を行っていましたが、
今回からは定員はそのままで、
アシスタント1人を追加したことで、
さらに充実した実技ができるように なりました☆



基本コースでは、臨床実践の上で
とても重要となる以下の3つがテーマになります。

⚪︎楽に座るコツ
 (兵庫)詳しくはコチラ
 (東京)詳しくはコチラ


⚪︎楽に立ち上がるコツ
 (兵庫)詳しくはコチラ
 (東京)詳しくはコチラ


⚪︎楽な上肢挙上のコツ
 (兵庫)詳しくはコチラ
 (東京)詳しくはコチラ



初めての方は、私が新規の方に100%実践する
ことで大きな変化が得られている
「楽に座るコツ」から受講頂くことを
強くお勧めします!!!!



立ち上がりも上肢挙上も
「楽に座るコツ」がベースにあるのです☆



また、兵庫では平日夜に開催する
ナイトスクール
も開催しますので、
こちらもぜひともご参加ください☆

→詳しくはコチラ



一日コースとナイトスクールを合わせて受講
いただくことで、さらに実践力が身につきますよ☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/528-d297c21f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。