脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名古屋でのマンツーマン
リハビリセッションが無事に終了!!



今回は、発症から1年経過された女性の方で、
立ち上がりから歩行にかけて、
麻痺側の足の頼りなさと、
内反、そして足の指の曲がりがお悩みでした。



足の問題の原因は、ご本人も驚きの
他の場所にありました!!!



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)
ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ




詳しくお体をみていくと、
感覚はかなり保たれており、
「感じられる力はお持ちなのに、
  正しい気をつけ方がわからない」
状態であることがわかりました。



明日のASRIN様のセミナーでも
紹介する「楽に座るコツ」から
はじめていくと短時間で
立ち上がりにおける麻痺側の足の
安定感が飛躍的に向上!!!



「お尻の重みの変化に気をつけると
足がしっかり着くようになるとは
驚ききました!!!!」

と嬉しい言葉をいただきました。



やはり、立ち上がる際に
「足が頼りない」という方は、
“足のことばかり気をつけている”
ことが多いですね。



しかし!!!



大切なのは、立ち上がる前にある
“おじぎをする際における
お尻の重みの変化”
なんですね☆





立った姿勢においては、
「はじめから足の裏全体に
  重みをかけている」
ことが不安定さの原因となっていました!



今回は、
「頭の先から真上に引っ張られている」
ように姿勢を保ったうえで、
「踵からジワリと重みをかけた後で、
  足の裏全体に重みをかける」
ようにすることで、
今回は、立った姿勢での練習では、
内反や足の指の曲がりが
ほとんどなくなりました!!!!



歩く中では、まだ慣れておられない
ようでしたが、今日だけで
大きな一歩を踏み出すことができました。



ご病気から1年経っているようですが、
まだまだ良くなる可能性を感じました!!!



「娘の結婚式で和服を着るので
  草履を履けるようになりたい…」

「ミュールを履けるようになりたい…」

という願いを叶えることができるよう
これからも力になりたいですね!!!





明日は名古屋でASRIN様での
セラピスト向けの勉強会で
講師をさせていただきます☆



動きのコツのリハビリが
日本中に広まるように
想いを込めて伝えてきます!!






※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
a+1218k@dmq.jp
へ空メールを送信!



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)
ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/513-354ad00b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。