脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、
脳梗塞や脳出血の後遺症
に対するリハビリのコツ
として、
「腕が軽くあがるコツ」
を次回と2回に分けて
紹介します(^○^)!



今回は第1段!



「やわらか肩甲骨
の秘訣」
ですよ(^o^)丿




ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ





脳梗塞や脳出血の
後遺症の一つとして、
何かをつかもうと
麻痺された腕を挙げたり
手を前に出す時に
「腕が重い」と
感じますよね(>_<)?





そんな腕をリハビリしよう
とする時には、
「腕をあげること」
ばかりに気にして
いませんか(゚o゚;;?





実は
「重たい腕」のまま
腕をあげるリハビリ
を繰り返しても
あまり意味がない
んです!(◎_◎;)





腕が「重たい」と
感じるのは、
筋力が足りないから
ではありません(^。^)





脳梗塞や脳出血の
後遺症の一つとして、
ご自身の脳が
「腕の動かし方」を
忘れてしまっている
んです( ´ ▽ ` )ノ





そんな時は、
リハビリとしても
「どのように気を
つければ楽に
あがるのか?」
といったコツを
見つけることが
大切(*^^*)





実は、
腕が軽くあがるため
には、
「肩甲骨の軟らかさ」
が大切なんですよ☆





腕の土台となる
肩甲骨が軟らかく
動けることで、
腕の軽さに繋がる
んですねぇ(*^_^*)





腕が楽にあがるための
準備といったところ
でしょうか( ´ ▽ ` )ノ





それでは今から
肩甲骨を軟らかくする
ためのリハビリのコツ
を紹介しますね(^。^)





まずは座った姿勢で、
肩甲骨を片方ずつ前後に
動かしましょう(^.^)/





まっすぐ座った姿勢
では、頭と両肩が
横に一直線になって
いますよね(^^)?





その状態から
片方の肩を前後に
動かすんです(^-^)/





麻痺側でしてみると
どうでしょうか(T_T)?





硬くてなかなか
動きませんよね(+o+)?





そんな時は、
硬いからといって
マッサージをしては
いけません(・。・;!!





硬くて動かないのは
ご自身の脳が
後遺症の一つとして、
肩甲骨の動き方を
忘れているから
なんですよ☆彡





麻痺側で肩甲骨を
前後に動かす時に
「どこが動いているか」
よく気をつけて、
感じてましょう(^O^)/





麻痺側では
腰がねじれたり、
反対の肩も一緒に
動いていませんか??





そんな時は、
良い方の動き方を
参考にしてみましょう☆





良い方の動き方は
正しい動き方の手本に
なりますよ(*^_^*)





どうでしょうか?





良い方では、
腰がねじれずに、
反対の肩が一緒に
動くことはない
ですよね(・。・;?





それでは、
どこが動いているか
よくよく気をつけて
感じてみましょう☆彡





あまりわからない時は
ゆっくり動くと
良いですよ(^.^)/





すると、
どうですか?





そうです!(◎_◎;)





「胸の前の筋肉が
伸び縮みする感じ」や
「肩甲骨と背骨の間が
伸び縮みする感じ」が
ありますよね(^o^)!?





それが、正しい
肩甲骨の動き方
なんです( ´ ▽ ` )ノ





それと、同じように
動くように
麻痺側でも気をつけて
みましょう(^o^)丿





正しい動き方を
気をつけることが
脳梗塞や脳出血の
後遺症のリハビリに
とても大切なのです!





はじめは、大きく
動かさずに、ゆっくりと
小さな範囲から(^u^)





麻痺側でも
「胸の前の筋肉が
伸び縮みする感じ」や
「肩甲骨と背骨の間が
伸び縮みする感じ」が
感じられましたか?





すると、
どうでしょう(+o+)?





肩甲骨が少し軟らかく
なっていますよね!?





そこまで確認できたら
準備はOK(^-^)/





まっすぐ座った姿勢
から、軽く腕をあげて
みましょう( ´ ▽ ` )ノ




今までみたいに
「力一杯あげる」のは
いけませんよ(>_<)





良い方のように
「軽くフワ~っと」
あげるのがポイント!





すると、
どうでしょうか!?





はじめよりも、軽く
あがりませんか(^^)?





脳梗塞や脳出血の後遺症
である「重たい腕」の
リハビリには、力ではなく
「気をつけ方」が大切
なんですね( ´ ▽ ` )ノ





今回は、
腕が軽くあがる
ための準備として
「やわらか肩甲骨
の秘訣」を紹介
しましたo(^▽^)o





次回は、今回の
肩甲骨の動き方に
気をつけても
あまりうまくいかない
ときの対象法を
紹介しますね(^o^)丿



乞うご期待(*^^*)



――――――――――


携帯へお届けします

リハビリしながらいつでも
確認できて便利な携帯メール
へのお届けを希望の方は 、
ugokinokotsu@mhai.jp
に空メールを送信して、
メルマガ登録をして
ください(^^)

メルマガについての
詳細はコチラ


――――――――――


無料メール相談
    受付中!


「動きのコツ」に
気をつけても変化が
ない場合は、
「気をつけ方が
   間違えている」
可能性が高く
なります。

お一人では
正しい感じ方に
気づきにくいことが
多くあります。

しかし、
メールのやり取り
からもお体に関する
新たな発見や変化を
実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みや
ご相談がありましたら
ブログ左上の
無料相談受付中
よりメールにて
お気軽にご相談
ください。


――――――――――


()

普段と異なる
動き方をすると
不慣れなために
バランスを崩して
しまうことが
あります。

手すりを支えるなど、
安定した姿勢で
行ってください。

なお、メルマガやブログ
の内容を実践して
いただいた結果、
お体の不具合などが
生じた場合には一切の
責任を負いかねます
ので、ご了承ください。


~~~~~~~~~


ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/435-d648291d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。