脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回も、前回に続き
歩くリハビリのときに
「脚を真っすぐに
振り出すコツ」の
2回目を
ご紹介(^○^)!



2回目は
脚を外から
振り出さないための
「ECOな脚の獲得」
ですよ(^-^*)/

ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ




前回、
歩くリハビリの中で
振り出す時は
良い方の脚から
振り出すと
支えている方の
足裏では体重の
重みがカカトから
つま先の方へ移動
する発見が
ありましたよね?



重みを感じることが
出来れば、
つま先も外を向かず
前を向いて
保っていられます
よね(^O^)/


その結果、
つま先が支えとして
感じられることで
柔らかな脚になり
無理に
振り出さなくても
楽に脚が出せる
ことを
ポイントとして
お伝えしました。




ここまでが、
前回おさらい!




今回はそこから、
降り出しに繋がる
リハビリのポイントを
お伝えしまぁす☆



今、つま先では
体重の重みを
感じることで
適度に力が抜けて
脚は支えられて
いますよね~~(^ ^)



膝はどうでしょう?
棒になっていた脚が
柔らかくなり
振り出しの準備が
できていますか?



もし膝の柔らかさが
出ていない方は、
まだ振り出すための
準備ができていない
ことになります。




今まで
脚が降り出しにくい
のは、脚を曲げる力
が足りないからと
筋肉を強化したり
マッサージをしたり
していませんか?



それも
大切なことですが、
ちょっとしたことで
柔らかな脚が、楽に
振り出せるんです
(^∇^)



近年はエコな時代



自分の体もECOを
心がけて
振り出すコツを
みにつけましょう
(^-^)



無理に脚を出そうと
してもダメですよ☆
振り出すにはコツが
あるんですから~
( ̄∇ ̄)



脚を一気に
降り出すのではなく
柔らかくなった脚の
膝を優しく曲げて
つま先にある
体重の重みを
フワッと前に
向かって抜いてみて
ください!



ここで気をつける点
として、3つあります!



1つ目は
腰が捻れていないか
確認して下さい☆
振り出す側の腰が
捻じれることで
つま先まで外に
向きやすくなります



2つ目は
振り出す側の
ズボンの
ベルトラインが
水平か確認して
下さい



3つ目は
つま先に
力が入ってしまい
曲がっていないかを
確認して
みましょう!



すると
どうでしょう?



つま先の重みを
優しく抜くことで、
膝も曲げやすく
なってませんか?



さらに膝は柔らかく
曲っていても
つま先は外を向かず
ちゃんと前を
向いていますよね



そこまで出来れば
ベリーグッドです!



膝を曲げようとか
脚を遠くに運ぼうと
力をいれて動かすと
余分な力を
使ってしまい
脚に疲れが出やすく
長い距離を
歩くことも
難しくなります。



今回のように、
つま先で支えていた
重みを優しく
フワッと前に
抜くことで
膝も前に振り出す
ことに繋がります(^^)



その結果、
脚が棒みたいと
言われたり
感じておられた方も
今後は力を使わずに
しなやかな脚のまま
ECOな振り出しを
することができて
長い距離を歩くこと
にも繋がりますよ!


――――――――――


携帯へお届けします

リハビリしながらいつでも
確認できて便利な携帯メール
へのお届けを希望の方は 、
ugokinokotsu@mhai.jp
に空メールを送信して、
メルマガ登録をして
ください(^^)

メルマガについての
詳細はコチラ

――――――――――


()

普段と異なる
動き方をすると
不慣れなために
バランスを崩して
しまうことが
あります。

手すりを支えるなど、
安定した姿勢で
行ってください。

なお、メルマガやブログ
の内容を実践して
いただいた結果、
お体の不具合などが
生じた場合には一切の
責任を負いかねます
ので、ご了承ください。

――――――――――


無料メール相談
    受付中!


「動きのコツ」に
気をつけても変化が
ない場合は、
「気をつけ方が
   間違えている」
可能性が高く
なります。

お一人では
正しい感じ方に
気づきにくいことが
多くあります。

しかし、
メールのやり取り
からもお体に関する
新たな発見や変化を
実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みや
ご相談がありましたら
ブログ左上の
無料相談受付中
よりメールにて
お気軽にご相談
ください。

~~~~~~~~~


ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/432-78dac16d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。