脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、次回と
合わせて、
リハビリをするうえで
「楽に立ち上がる
ためのコツ」
を2回に分けて
紹介します(^^)



今日は第一弾
「シーソーな関係」
です(^^)



詳しくはこちら↓


ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ




まずはご自身の
立ち上がり方の分析
をしてみましょう(^。^)





立ち上がろうとして
お尻を浮かせる時に、
一生懸命に
「足に力を入れよう」
としていませんか
(>_<)??





楽に立ち上がれない
のは筋肉が足りない
からでは
ありません!(◎_◎;)





「筋力が足りない」
からだと思っていた
でしょ~(^_-)?





なんと、
力を入れないと
立てないことは、
「脳が正しい立ち方を
忘れてしまっている」
証なんです(゚o゚;;!





実は、
リハビリのつもりで
力を入れようとすると
余計に筋肉のバランス
が悪くなることも
あるんですよ(・_・;





足が頼りないと
感じるから足に力を
入れているのに
それがいけない
だなんて不思議
ですよね(^^)?





足に力を入れなくても
楽に立ち上がるコツ
があるんです(^∇^)





リハビリをする時には
気をつけて脳に
正しい立ち上がり方
を覚えて
いきましょう(^。^)





楽に立ち上がるコツ
として、
「お尻と足の
シーソーな関係」
に秘密があります(^-^)/





楽に立ち上がろうと
する前に、まずは
「なぜ足に力を
入れたくなるのか」
考えてみて
ください( ´ ▽ ` )ノ





なぜ、そんなことを
聞くのか不思議
ですか(*^^*)??





その原因を考える
ことがヒントに
なるんですねぇ!





おじぎをした後に
立ち上がろうとしても
「お尻が重たい」
と感じませんか(゚o゚;?





重心が残っている
重たいお尻を
浮かせようとする
ために、
足に力を入れたく
なるんですね(*^^*)





そんな時は、
お尻を浮かせる前の
「おじぎ」の仕方に
ポイントがあります☆





そうです!





ここで
「お尻と足の
シーソーな関係」
に気をつける
のです( ´ ▽ ` )ノ





体をまっすぐに
保った姿勢から
「おじぎ」をする時に
お尻の後ろが
「軽くなる」
とともに、
太ももの後ろや
両方の足の裏が
徐々に
「重たくなる」
ことを感じましょう☆





頭が下がるとともに
お尻が軽くなり、
足が重たくなるところ
が「シーソー」みたい
でしょ(^ー^)ノ!?





うまくいかない時は
落ち着いてゆっくり
してくださいね(^_-)





焦りは禁物です(^^)





大きく
「おじぎ」をして
お尻の重さを感じない
ほど、両方の足の裏が
重たくなるのを
確認してから
お尻を浮かせて
みてください(^。^)





するとどう
でしょう!(◎_◎;)





あんなに重たかった
お尻が軽く感じ、
足に力を入れなくても
楽に立ち上がれる
んです( ´ ▽ ` )ノ





楽に立ち上がれると
その後に歩く時も
楽に歩けますよ(^_-)





次回は、
「おじぎ」をしても
うまくいかない
方のために
「体の折れ目」
を紹介します(^^)





――――――――――


携帯へお届けします

リハビリしながらいつでも
確認できて便利な携帯メール
へのお届けを希望の方は 、
ugokinokotsu@mhai.jp
に空メールを送信して、
メルマガ登録をして
ください(^^)

メルマガについての
詳細はコチラ

――――――――――


()

普段と異なる
動き方をすると
不慣れなために
バランスを崩して
しまうことが
あります。

手すりを支えるなど、
安定した姿勢で
行ってください。

なお、メルマガやブログ
の内容を実践して
いただいた結果、
お体の不具合などが
生じた場合には一切の
責任を負いかねます
ので、ご了承ください。

――――――――――


無料メール相談
    受付中!


「動きのコツ」に
気をつけても変化が
ない場合は、
「気をつけ方が
   間違えている」
可能性が高く
なります。

お一人では
正しい感じ方に
気づきにくいことが
多くあります。

しかし、
メールのやり取り
からもお体に関する
新たな発見や変化を
実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みや
ご相談がありましたら
ブログ左上の
無料相談受付中
よりメールにて
お気軽にご相談
ください。

~~~~~~~~~

ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/430-7091bf25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。