脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2008/10123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
座っていると
良い方の腰に硬さや痛みが出る」
ことはありませんか(>_<)?



そして、リハビリなどで
「腰をもんでもらうと楽になる」
けれども
時間が経つとまた痛くなる
という不思議な経験は
ありませんか(・_・;?



今回は不思議も腰が楽になる
「座るコツ」をご紹介します☆
↓↓↓↓↓





長時間、座っていると
良い方の腰に硬さや痛みが出る
ことはありませんか(>_<)?



そして、リハビリなどで
「腰をもんでもらうと楽になる」
けれども、
時間が経つとまた痛くなる
という不思議な経験は
ありませんか(・_・;?



そのような時は、目を閉じて
左右のお尻と足の重み具合
に耳を済ませましょう☆



よくよく感じると、
麻痺されている側のお尻と足が
軽くなっている」と
感じませんか(^^)?



力が「入る・入らない」原因には
感じられない問題」が
隠されています☆



倒れる側に「支え」がないと、
倒れないように力を
入れますよね(^_^)!?



麻痺されている側のお尻と足の
重みが感じにくくなると、
麻痺されている側の支えが
なくなってしまうので、
体が倒れそうになります。



それを保とうとするために
無意識に良い方の腰に力が入って
しまい、それが硬さや痛み
つながっているのです(゚o゚;;!



そのような時の「座るのコツ」
のリハビリとしては、
座った状態で目を閉じて、
ゆっくりと体を前後左右に
動かす中で、お尻と足の
重みの変化とともに
お尻の肉が外側へ軟らかく
つぶれていく変化

を正しく感じられるように
気をつけましょう!



まっすぐ座った状態で、
左右のお尻と足の重み具合が
同じ」と感じられたら、
力が入っていた良い方の腰を
気にしてみてください(^_-)



するとどうでしょう!



不思議と良い方の腰が
無理な力が入らずに
楽に座れるようになります☆






(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。



~~無料メール相談受付中!~~

「動きのコツ」に気をつけても
変化がない場合は、
「気をつけ方が間違えている」
可能性が高くなります。

お一人では正しい感じ方に
気づきにくいことが
多いようですが、
メールのやり取りからも
お体に関する新たな発見や
変化を実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みやご相談が
がございましたら、まずは
お気軽にご相談ください。

ブログ左上にある
「無料メール相談受付中」の
フォームに入力してください☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/415-e2bdb9c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。