脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく座っていると徐々に

麻痺側の腰にダルさ

が出てくるような方は

「腰が悪い」とお考えでは

ありませんか?



腰のダルさの原因となる

クセになっている座り方

とは…!?
しばらく座っていると徐々に

麻痺側の腰にダルさ

が出てくるような方は

「腰が悪い」とお考えでは

ありませんか?



そして、そのような方は

腰をマッサージしてもらうと

その時は楽になるけれども、

しばらく座ると、またダルさが

出てくることはありませんか?



腰のダルさは、

腰や足の原因によって

「結果」として起こる


ことがあるのです☆



座った姿勢で、

お尻や足の裏の重み

に耳を澄ましましょう!



麻痺側が良い方よりも

軽く」なっていませんか?



無意識にお尻や足の裏を

浮かせていることによって

「無意識に腰に力を入れて

麻痺側を持ち上げている状態」

となっていることが

腰のダルさに繋がって

いるのです!



猫背の姿勢から

お尻の後ろが浮くと共に

お尻の中心に重みがかかる


ことを感じながら

背筋を伸ばしましょう!



そして、

左右のお尻に均等に重みを

正しく感じる
という

「楽に座るコツ」が身につけば、

自然と麻痺側の腰の力が抜ける

結果として、

腰のダルさが

出にくくなります!



腰の硬さやダルさの原因となる

クセになっている座り方

をなおすことで、

疲れにくい楽に座るコツ

を身につけましょう!



(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。



~~無料メール相談受付中!~~

「動きのコツ」に気をつけても
変化がない場合は、
「気をつけ方が間違えている」
可能性が高くなります。

お一人では正しい感じ方に
気づきにくいことが
多いようですが、
メールのやり取りからも
お体に関する新たな発見や
変化を実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みやご相談が
がございましたら、まずは
お気軽にご相談ください。

ブログ左上にある
「無料メール相談受付中」の
フォームに入力してください☆
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/20(金) 23:16 | | #[ 編集]
生野先輩、お久しぶりです。高校の後輩の猪狩です。先日このブログを発見し拝見させて頂いています。知らない事ばかりで非常に勉強になっています。今後も楽しみに訪問させて頂きます。お忙しい日々のようですがお体には気をつけてくださいね。
2012/07/20(金) 23:20 | URL | 猪狩 #-[ 編集]
お久しぶりです!
>猪狩さん

お久しぶりです。

コメントをいただきまして、ありがとうございます!

高校卒業以来の再会ですね☆
このような形での再会をとても嬉しく思います。

今は札幌におられるのでしょうか?
リハビリなどに関連した仕事をされておられるのでしょうか?

私は関西でボチボチやっています。

何かご質問などがございましたら、
お気軽にご連絡をいただければ嬉しく思います。

今後ともよろしくお願いいたします☆
2012/07/21(土) 16:46 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
僕が21歳の時に先輩が帰省中にコンビニで一度ばったりお会いした事がありましたね。
僕は札幌在住です。リハビリに関する仕事はしていませんが、25歳の時に脚を骨折して入院した事があり、病院の方達に大変お世話になり、医療の分野に対する関心も非常にあります。先輩のブログから学ばせて頂きたいと思います。
2012/07/21(土) 20:45 | URL | 猪狩 #-[ 編集]
あなたは統合失調症 。 大丈夫 。 病院で診てもらう 。 治る 。
おすすめ
日本大学医学部附属板橋病院
総合科(内科)、呼吸器内科、血液・膠原病内科、腎臓・高血圧・内分泌内科、消化器・肝臓内科、糖尿病・代謝内科、神経内科、循環器内科、保健科、心療内科、精神神経科、小児・新生児病科、東洋医学科、総合科(外科)、皮膚科、消化器外科、心臓外科、血管外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺内分泌外科、形成外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、総合周産期母子医療センター、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科・ペインクリニック科、睡眠センター、救命救急センター、臨床検査医学科、病理診断科
〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町30-1 
TEL.03-3972-8111㈹
2012/08/02(木) 10:16 | URL | ロモラオ #-[ 編集]
生野達也さんにおすすめのサイト
統合失調症の基礎知識
www.1mental.jp/ - キャッシュ
当サイトは、統合失調症の治療法及び正しい理解のための情報サイトです。統合失調症の症状と原因、病院選びや治療方法などをご紹介するサイトです。
2012/08/14(火) 12:59 | URL | ロモラオ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/409-e1b647e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。