脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
骨折や麻痺に関わらず、

不安定頑張って力入れる筋肉の過剰な働き

筋肉のアンバランスさらに不安定さらに頑張るといった

「負の連鎖」を食い止めることが

回復への大きな一歩となります

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左上の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』

ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今4位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/20(木) 11:22 | | #[ 編集]
くも膜下出血
昨年6月くも膜下出血にて倒れて後遺症で左半身麻痺になりリハビリ中ですが回復の望みはいかがでしょうか?
2011/10/25(火) 13:58 | URL | たかじ #-[ 編集]
回復の可能性について
>たかじさんv-22

ご質問いただきまして、ありがとうございます。
この度は、大切なお体に関するご相談を
頂きまして、まことにありがとうございます。


直接、お体を拝見させていただいていないために、
詳しいことはわかりかねますが、
「回復の可能性はある」
と考えます。

脳は障害を負われた後におきましても、
変化し続ける可能性があることが
わかっております。

どのように変化するかは
「どのようなリハビリをするか」
によって変化します。

認知運動療法は、お一人お一人の脳の状態に応じた
「動きのコツ」を身につけていただくことを
目的としております。
脳の障害が大きい時には、
まずは簡単な動きから身につけていただき、
徐々に複雑な動きへと進んでいきます。


したがいまして、
「どれくらいの期間でどの程度回復するか」
はお一人お一人によって異なりますが、
セラピストとご本人が諦めず、
共に歩んでいこうとする限り
「少しずつでも回復へ向かう可能性はある」
ものと考えます。


詳しいご質問や、お体に関するご相談などが
ございましたらお気軽にメールを
いただければ嬉しく思います。

大切なお体が回復へ向かわれることを
心から願っております。

今後ともよろしくお願いいたします。
2011/10/25(火) 19:04 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
ありがとうございます。
ありがとうございます。左足はかなり回復し歩ける様にはなったのですが、左手がなかなか動かずに自暴自棄になっていました。諦めずにリハビリを続けたいと思います。
2011/10/25(火) 21:21 | URL | たかじ #-[ 編集]
手の回復
>たかじさんv-22

早速、お返事をいただきまして、
ありがとうございます。

手の回復は足よりも起こりにくいと
一般的には言われておりますが、
リハビリを続けることで、
回復した方も多くいらっしゃいます。

リンク先にあります
「マサおじさんのブログ」でも
手の回復について実体験をもとに
記事が書かれておりますので、
よろしければご覧になってください。

なかなか上手くいかない時も
あるかと思います。
そのような時は、お気軽にご相談
いただければ嬉しく思います。
2011/10/25(火) 23:04 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
ありがとうございます
ありがとうございます。日々諦めずに頑張ってリハビリ中ですが、車を運転するのは将来可能なのでしょうか?
2011/10/26(水) 10:45 | URL | たかじ #-[ 編集]
車の運転について
>たかじさんv-22

車の運転は手足の動きを調整すると共に、
周辺への注意力が必要とされますので、
とても難易度が高い動作になると考えます。

脳に障害をおわれた後で運転をされる場合は、
免許センターでは適性検査を
受ける事が多いようです。

お体の詳しいご様子がわかりかねますので、
明確なお答えは出来かねますが、
まずは担当のセラピストや
主治医の方にご相談いただくことが
良いかと思います。

麻痺された手足が少しでも動くように
リハビリを続けられることも大切ですし、
一方で良い方の手足で運転できるように
車を改造される方もいらっしゃいます。

他にも様々な手段があるかもしれません。
今のお気持ちをご相談いただくことが
良いかと思います。


私でよろしければ、お気軽に
ご相談いただければ嬉しく思います。

一歩ずつかもしれませんが、
きっと前に進んでいけると信じております。
2011/10/26(水) 12:53 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
わかりました
ご丁寧にありがとうございます。先を考えると不安で不安で胸が苦しくなる毎日でした。このブログに出会えてアドバイスを頂き、本当に感謝しています。今後とも宜しくお願い致します。
2011/10/26(水) 13:14 | URL | たかじ #-[ 編集]
こちらこそよろしくお願い致します。
>たかじさんv-22

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。

当ブログには、同じ悩みを抱えてらっしゃる方も
多く訪問したいただいていると思います。
そして、回復をサポートしたいと願う
セラピストも多く訪問されます。

たかじさんは一人でないと思います。
心強いみんながついております。

今後も何かお役に立てることがございましたら、
お気軽にご連絡いただければ幸いです。
2011/10/27(木) 01:35 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
お久しぶりです。
生野様。ご無沙汰しております。その後、バス・電車に乗れるまで歩行は改善して、就業も出来ましたが、麻痺手は相変わらず動く事は動くのですが、使えません。厳しいですね。
2014/08/21(木) 06:21 | URL | たかじ #BpIjlNQI[ 編集]
麻痺手の回復について
>たかじさん

近況をお聞かせいただきまして、
ありがとうございました。

復職されたとのことで、おめでとうございます。

それほど、歩行が上達されたことは、
並々ならぬ努力をされたことと思います。

まだ麻痺手は使いにくいとのことですが、
きっとこれから良い変化が生まれて
くるものと信じております。

私でよろしければ、いつでもご相談ください。

お体が回復へ向かわれると信じております。
2014/08/23(土) 10:28 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/388-c9a46fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。