脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当に久しぶりの更新

1ヶ月以上空いてしまいました

ブログを楽しみにしてくださっている皆様

待たせいたしました

去る7月15日~17日に開催された

認知運動療法ベーシックコース(大阪)

スタッフとして参加してきました

私の出番は後半の2日間にやってきました

演習では、やや難しい課題となりましたが、

果たしてその意図とは


ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

 よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今18位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ





本当に久しぶりの更新

1ヶ月以上空いてしまいました





こんなに更新が空いてしまったのは、

初めてではないかと思います





6月は身体運動学セミナー(詳しくはコチラ)からはじまり、

院内の症例発表、学会抄録の締め切り、

大学院での中間発表などなど…





7月は大学院での研究が本格化

研究機材を自作したり、

予備研究に追われていました





WS000000_20110802012025.jpg

ホームセンターでアルミ板に穴を開け…

バンドを固定し…





WS000001_20110802012024.jpg

完成





WS000002_20110802012024.jpg

予備実験の風景





「忙しい」とは言い訳になってしまいますが、

なかなかブログの更新ができませんでした





お会いする方から、

最近ブログ更新していませんね

と声をかけていただくことも多く、

申しわけない気持ちでした





最近は、左のバナーにあるように、

TwitterFacebookを始めたため、

日々の臨床の発見などは、

TwitterやFacebookでつぶやいていることが多いように思います

よろしければフォローしてください







さてさて話は戻り…





去る7月15日~17日に開催された

認知運動療法ベーシックコース(大阪)

にスタッフとして参加してきました





私は業務の都合上、

2日目からの参加





会場には全国各地から

約100名のセラピストが募っていました





遠いところでは私の地元である北海道からも参加者が





私の地元である札幌市西区琴似にある病院の

方もいらっしゃっていましたが、

残念ながらご挨拶することができませんでした





会場は最大400人収容ということもあり、

大きかったですが、発表していると

受講生の方々の表情が見えにくく、

少し受講生の方々との距離を感じました

WS000003_20110802012023.jpg





私の出番は、2日目午後の実技の時間から





上肢と下肢に別れて約4時間の真剣勝負です

臨床に根差した実技を心がけました





週明けからの臨床が変わるために…





セラピスト同士で

実際に道具を使って認知問題を出し合っていると

セラピストでも「正しく正解できない」

ということが生じます





腰や足が悪いセラピストがいたために、

実技の時間の中で、

実際に評価から治療をすすめながら

解説を踏まえて進めさせていただきました





実技を終えると、

クタクタでした







2日間の夜は懇親会

多くの方々が参加していただき感謝

WS000004_20110802012023.jpg





Mixi やブログを通じて、

以前から交流のあったセラピストの方とも

お会いすることができました





ブログもされているということで、

せっかくですのでリンクさせていただきます

(カッサーノのニューロリハ日記~脳科学を臨床に~ ⇒ 詳しくはコチラ





熱い議論は12時過ぎまで続きました







コースの3日目





午前中は私の出番





認知運動療法の臨床(演習)です





症例の具体例を挙げながら、

①外部観察からどのような仮説を立てて、

      どのような認知問題を設定するのか


についてディスカッションをしていただきました





後半は、「正しく認知することができない」患者さんに対する、

具体的な訓練場面の例を提示した後に

②セラピストがどのように考えて、

   具体的な援助(手助け)を決定するのか


についてディスカッションをしていただきました





後半のディスカッションは、

少し難しかったために、

反省したところもあります





しかし





実際の臨床場面では、

なかなか上手くいかない

ことが多いのです

かといって、諦めてしまっては、

何も変わりません






上手くいかなくとも諦めず、

試行錯誤を繰り返していく中で、

やっと回復への道しるべが見えてくるのです





今回の演習では、

具体的な考え方とともに、

諦めず試行錯誤していくセラピストとしての姿勢

を感じていただければと良いなと考えていました





日本全国には、

回復を願われている方々

がたくさんいらっしゃいます





私のブログにも

「認知運動療法を受けたい

と願うメールを多数いただきます





しかし、現在の日本で、

認知運動療法の臨床は、

まだまだ十分に広まっていません





回復へ向けて諦めず試行錯誤を繰り返す

          姿勢を持ったセラピスト


が増えることによって、

きっと多くの笑顔に繋がるはずなのです







午後からは、2人の後輩たちの症例発表





いずれの発表も、

とても立派なものでした




優秀な後輩達の成長を感じ、

とても感動しました





午後4時





無事にコースが終了





片付けを終えて、

後輩たちと打ち上げにいきました

皆が充実した笑顔が印象的でした







次は9月に迫った

認知神経リハビリテーション学会学術大会

への準備です





今日の夜にはミーティングもあります





先週末は体調崩していましたが、

何とか回復





他にもいくつか、

良い報告もありますが、

またの機会に…





そして、今週は、

いよいよ我が子の出産を控えています





そうなれば高知に向かいます


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左上の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





リハビリを行うためのワンポイントについてはコチラ





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今18位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



コメント
この記事へのコメント
元気な赤ちゃんが生まれるといいですね☆
体調が回復されたとのことで良かったです。
基礎講習会ではいろいろとありがとうございました!!
道具を使って認知療法を積極的にはしていませんが、患者さんと試行錯誤し、患者さんが学習者。ちょこっとした道具で認知的な問題提起、言葉のやりとり、そして実感して頂くスタイル、患者さんの世界に入っていく。まだまだありますが、今の自分の治療ベースには認知運動療法の理論や考えが絶対あります。そしてこの考えは好きです。
ブログをリンクして頂きありがとうございます。
また先生とお会いして、臨床や研究、認知のことについてお話ができたらうれしいです☆
元気な赤ちゃんが生まれるといいですね!!
2011/08/03(水) 23:38 | URL | カッサーノ #-[ 編集]
ありがとうございます!!
>カッサーノさんv-22

コメントをいただきながら、
返信が遅れまして申し訳ありませんでした。

先日のコースでは大変お世話になりました。
また、ゆっくりと臨床のお話ができることを
楽しみにしております。

去る8月7日には、
無事に男の子が産まれました。
お蔭様で母子共に健康です。
これからは父親の自覚を持って
精進していきたいと思います。
2011/09/01(木) 01:39 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/382-1eb1621e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。