脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東日本大震災から2カ月が経ちました

震災前にリハビリを受けておられた

障害をお持ちの方々は

「リハビリができずない」

「動けなくなってしまいそうで怖い」


と困っておられることと思います

今回は、お一人もしくは、ご家族と一緒にできる

簡単な運動

をご紹介させていただきます


ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今7位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今90位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー


東日本大震災から2カ月が経ちました

震災前にリハビリを受けておられた

障害をお持ちの方々は

「リハビリができずない」

「動けなくなってしまいそうで怖い」


と困っておられることと思います





避難所での生活は、

あまり動くことが出来ず、

手足の力が落ちてしまう

廃用症候群


や血管の中にできた血栓が肺などに障害をもたらす

深部動脈血栓症


などの危険性も考えられます





そこで





今回は、お一人もしくは、ご家族と一緒にできる

簡単な運動

をご紹介させていただきます





先日の記事内のコメント(詳しくはコチラ)で

教えていただきました

松江市のホームページ(詳しくはコチラ

を参考にご紹介させていただきます





ブログへの掲載に際して、

直接、松江市役所に問い合わせを

させていただいたところ

「一人でも多くの方にご利用いただければと思います」


と快く承諾していただきました

松江市役所の方々にも感謝です





以下の写真と解説文は、

「高齢者体操」として

紹介されているものです

その中で、麻痺などの障害を持たれた方にも

適していると思われるものを

いくつか紹介させていただきます





お一人でしていただいてもかまいませんし、

お一人で動くことが出来ない場合は、

ご家族が動かすことで運動していただく

ことも良いかと思います






片麻痺をお持ちの方の場合は

全ての運動における注意点としまして

2点あります





①無理に動かせることや、急に動かしてしまうと

麻痺された筋肉を傷めてしまったり、

硬くなってしまうことがあるので

ゆっくりと優しく動かす





②麻痺側の手足は

「動き方がわからない状態」

と言えますので、

良い方から行っていただいて、

  良い方の動いている感覚を

    悪い方でも探していただきながら行う



といったことが挙げられます





WS000002_20110515105653.jpg

股関節と膝関節を曲げる運動になります

股関節を左右に広げたり、

閉じたりする運動も良いですね





WS000005_20110515105653.jpg

肩関節は複雑なので、

無理に動かすことは禁物です

バンザイ難しいような場合は、

肩から先は動かさずに

肩甲骨を上下左右に動かすだけでも

良いかもしれません





WS000006_20110515105653.jpg

WS000007_20110515105653.jpg

首や腰の軟らかさを保つことは

とても大切になります

腰を痛めないように

ゆっくりと優しくねじります





WS000008_20110515105652.jpg

座った状態で腰をねじるのも良いですね





WS000009_20110515105652.jpg

座りながら、

股関節と膝関節を同時に動かします

座りながら行うことで、

寝て行うよりも体の筋肉が同時に働く

という効果があります

片足ずつの方が良いかもしれません





WS000010_20110515105749.jpg

座った状態で

膝関節が伸びていると、

ふくらはぎの筋肉が伸ばされるために

足首が動きにくくなります

しかし、歩くことを考えますと

必要な運動になります

これもゆっくりと優しく行います





WS000012_20110515105748.jpg

両手を動かさなくても、

両膝を曲げ伸ばしするだけでも

良いですね

不安定な場合は、

必ず手すりなどを持って行ってください





WS000011_20110515105749.jpg

立った状態で足首を伸ばす運動です

不安定な場合は、手すりなどを持ちながら

安全第一で行ってください

ギューっと無理に伸ばすのではなく、

優しくゆっくりと伸ばしていきます





WS000013_20110515105748.jpg

立った姿勢で腰を曲げる運動です

ここでも、不安定な場合は、

手すりなどを持って行います





以上、簡単ではありますが、

体操をご紹介させていただきました

ブログをご覧の皆様からも

何かアドバイスがありましたら

コメントをいただければ嬉しいです


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左上の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





リハビリを行うためのワンポイントについてはコチラ





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今7位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今90位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



コメント
この記事へのコメント
注意事項として、股関節や脊柱の手術をされている方は、無理な姿勢もあるので、確認しておく必要があると思います。
2011/05/15(日) 19:38 | URL | warauttekuraso #q4PZgXp6[ 編集]
アドバイスありがとうございます
>warauttekurasoさんv-22

アドバイスをいただきまして、
ありがとうございます。

手術のあとはとってはいけない姿勢が
あるので注意をしなければなりませんね。
そのことも、後日、記事にさせて
いただきたいと思います。

不足な点がございましたら、
ご意見をいただければ嬉しく思います。
2011/05/18(水) 05:24 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/377-1bbaaa42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。