脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の大学院の講義は、

1年次における最後の講義

となりました

今週から春休み

ゆっくりできると思いきや…

そうもいかないようです


ブログランキングに参加しています
ありがたいことに50位台をキープしています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今2位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今54位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



先週の火曜日は、

大学院の講義を受けるために

広島へ行ってきました





今回は、

大学院1年次における最後の講義





予定では、今年度中に

研究計画の概要

を決めなければなりませんでした





今は、具体的な実験方法を決めるために、

これまでに行われてきた国内外の研究

を調べています





恥ずかしながら、

私は英語が得意ではないので、

英語の論文を翻訳するのは一苦労





月曜日の夜にも

自宅にて翻訳作業を進めていましたが、

途中で眠気に襲われ断念





大学院の講義がある翌日の

朝4時に起きて翻訳を進めました





前夜の眠気の中での作業に比べて、

朝の方が集中力があり、

思ったよりも作業が進みます





なんとか、翻訳を終えて、

新幹線で大学へ向かいました





1時には大学へ到着

良い天気です

WS000000_20110125170545.jpg





いよいよ1年最後の講義





講義の前には、

卒業を控えた一つ先輩である

小林先生の発表

を聞かせていただきました





研究テーマは、

医療者側と患者側の病気についての考え方の違いについて

です





とても勉強になると共に、

一年後には私も発表を迎えているのだと思うと

焦ってきました





発表を終えて講義へ





対話の中で徐々に具体的になり、

なんとか研究計画の概要

固まりました





来週から約2カ月の春休み





久しぶりに休みが取れそうなので、

妻と旅行にでも





と言いたいところですが、

大きな宿題があるのです





それは





修士論文の前半を書きあげること





具体的に実験をするのは、

4月以降になりそうですが、

今回の研究に至った経緯について、

これまでの研究をふまえて

まとめなければなりません





大忙しの春休みになりそうです





帰りには図書館で、

英語の文献をコピー

WS000002_20110125170544.jpg





今回の文献は、

健常者や脳卒中の方において

  感覚の学習を行った際の脳活動


についての研究





海外においても

脳梗塞や脳内出血の方々の回復における

      感覚を学習することの重要性


は研究されているようです





今後、翻訳が進めば、

ブログの中でも紹介したいと思います





大学を出たのは8時前

すっかり暗くなっていました

WS000001_20110125170544.jpg





朝から活動していたこともあり、

帰りの新幹線ではゆっくりしました

WS000003_20110125170544.jpg





帰宅したのは11時過ぎ





今週からは、春休みに入ったので、

早めに作業を進めたいと思います


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左上の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





リハビリを行うためのワンポイントについてはコチラ





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
ありがたいことに50位台をキープしています
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今2位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今54位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/369-bf75fc98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。