脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、新しいリンク先を追加しました

その名も宮城認知運動療法勉強会です

先日の掲示板において、

宮城県で認知運動療法に
     関する勉強会を立ち上げた


という報告をいただきました

各地で勉強会を開催すると

たくさんのメリットがあります

これからが楽しみですね


ブログランキングに参加しています
今回は100位台から50位台へ急上昇しました
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今2位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今59位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



今回、新しいリンク先を追加しました

その名も宮城認知運動療法勉強会です





ブログの著者は、

宮城県で理学療法士をしている

りょうさんです





今回、宮城県において

認知運動療法に関する勉強会を

立ち上げられた
ようです





東北地方においては、

認知運動療法を実践しているセラピストや病院は

まだまだ少ないようです





各地で勉強会を開催すると

たくさんのメリットがあります






認知運動療法を実践していくためには、

仲間の存在が不可欠





仲間同士で意見交換することによって、

お互いが刺激し合い、

臨床の質が高められます





認知運動療法が日本伝わってから約10年

ということもあり、

日本において認知運動療法を実践しているセラピストは、

まだまだ多いとは言えず、

大きな病院の中では少数派です





認知運動療法は、

これまでのリハビリテーションとは、

考え方が大きく違う
こともあり、

勤めているリハビリスタッフの中で

1人だけ認知運動療法を行っていると、

「あいつは何をやっているんだ

冷たい目で見られることもあるようです





時にはくじけそうになってしまうこともあると思います





そのような時に大切になるのが、

仲間の存在です





勤務先は違えど、同じ地域の中で

認知運動療法を勉強している仲間がいることは

大きな力になります





仲間が増えてくることは、

その地域において認知運動療法が広まっている

ということでもあり、

回復を願われている

脳梗塞や脳出血の方々の笑顔

にも繋がることにもなります





そして、仲間が増えてくると

特典もあります





認知運動療法を実施しているセラピストの集まりである

日本認知神経リハビリテーション学会では、

毎年、勉強会を開催しています





基本的な内容が中心の

ベーシックコースから始まり、

認知運動療法の発祥地である

イタリアで開催される

マスターコースまであります





各地の勉強会において、

マスターコースを受講したセラピストが

一定の人数を超えると、

日本認知神経リハビリテーション学会から

研究会」として認められます





そうなると、

各地の勉強会の要望に応じて、

日本認知神経リハビリテーション学会から

理事のセラピストが派遣され、

講義をしてもらうことができる

のです





宮城の勉強会が

勉強会」から「研究会」へと

名前が変わった時は、

認知運動療法を実践する仲間が増えた

ことの現れかもしれませんね





宮城県内で

「認知運動療法に興味を持っている方」

「認知運動療法を勉強してみたいけれども

      一緒に勉強する仲間が欲しかった方」


がいらっしゃいましたら、

是非ともご参加ください





今後、東北において

認知の輪が広がっていくことを

願っています


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左上の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





リハビリを行うためのワンポイントについてはコチラ





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
今回は100位台から50位台へ急上昇しました
いつも応援をいただきまして、ありがとうございます

 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今2位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今59位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



コメント
この記事へのコメント
生野先生
ブログ、紹介して頂いてありがとうございます。先日、仙台にて認知呑み開催しました。今回のマスター参加する方もいらっしゃって、有意義な時間となりました。ほんわりですが、徐々に盛り上がっていきたいと思います。頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。
2011/01/25(火) 08:36 | URL | 櫛引圭介 #-[ 編集]
認知の輪 広がる
>櫛引圭介さんv-22

飲み会とは良いですね。
日頃は話せないことも、
お酒の席であれば話せることもあるように思います。

マスターコースに参加される方が
増えると頼もしいですね。

こちらこそ、今後とも
よろしくお願い致します。
2011/01/25(火) 10:30 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/368-1df52a69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。