脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日の日曜日は、妻と新居探し

不動産仲介業の方との対話を通じて、

臨床における大切なこと

改めて実感する機会となりました

特に私たちセラピストは

注意しなければなりません


ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今2位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今109位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー


昨年末に妻の妊娠が発覚してから、

最近は、新居を探しています





一昨日も朝から妻と一緒に不動産めぐり





何件かの不動産屋をまわって、

臨床における大切なこと

に改めて気づかされました





不動産仲介会社は、数多く効果あります






ほとんどの物件は、多くの不動産仲介会社で

共通して取り扱っているようです





不動産仲介会社が利益を上げるためには、

お客さんに契約を結んでもらうことが必要になります





今回一日だけでも何人かの方に対応していただきました





急いでいることが態度に現れてしまっている方や

「何とか今日、契約させたい」という焦った気持ち

伝わってきてしまう方もいらっしゃいました




そのような時は、

不思議と本音で相談することができませんでした

そして、

「また、この不動産屋に来てみよう」

とは思いませんでした




そんな中





最後に行った不動産屋で、

また、この不動産屋に来よう

この人にお願いしよう

と感じる出会いました





その方とお話していると、

私たちの立場になって、

  私たちのことを考えてくれている


ことが伝わってきました





話し方態度

そして、行動

節々に感じます





徐々に本音で相談することができて、

良い物件が見つかる予感

がしてきました





今回は、良い物件と巡り合いませんでしたが、

これからきっと、良い物件が見つかると感じ、

今回、担当していただいた方にお願いすることにしました







相手を想い、相手の立場になること

はリハビリテーションにおいても大切になります





従来のリハビリテーションは、

セラピストの先生にしてもらう

セラピストの先生に教えてもらう

といった受身の意識が強いように思います





そんな中では、

思ったことが言えていない

ということもあるのではないでしょうか





脳出血や脳梗塞によって、

麻痺や感覚障害を持たれた方々の中には、

麻痺側の手足はこんな違和感があるけれども、

   先生に言っても信じてもらえないから言わないでおこう


生活の中では、あの時に動きにくくて困っているけれども、

         言いにくいから言わないでおこう


先生は『良くなった』と言ってくれるが、

            自分としては実感がない


といったことを経験された方も

いらっしゃるのではないでしょうか





私が専門としている認知運動療法では、

脳出血や脳梗塞によって麻痺や感覚障害を持たれた方々の

運動のコツ・感じるコツを見つけるために

対話を重要視しています





認知運動療法では、

ご自身の体をどのように感じるのか

どのような時に違和感があるのか

左右の動き方や感じ方はどのように違うのか

といった対話の中からヒントを見つけていきます





認知運動療法を受ける方とセラピスト同士が

壁を作らず、深い対話を行った先に、

運動のコツ・感じるコツを見つけるためのヒント

が見えてきます





セラピストが時間に追われ、

急いでいることが態度に現れている場合や、

セラピスト側が「こうに違いない」と

   決め付けたうえで聞いてしまっている場合は

本当のことが言いにくいこともあります





相手を想い、相手の立場になる姿勢

を持つことで、

本音の対話ができるのだと感じています





セラピストは、

技術だけではなく、

話し方態度

そして、行動

といったすべての要素が

とても大切になると思います





脳梗塞や脳内出血に伴う麻痺や感覚障害の回復を

願われる方々から、

本音で相談してみよう

また、来てみたい

と感じていただけるように、

日々精進していきます





物件探しを通じて、

臨床における対話の大切さ

を感じた一日となりました





今日は、仕事は休みですが、

今から大学院の講義のため、

広島へ向かいます





それでは、皆さん

良い一日を


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





リハビリを行うためのワンポイントについてはコチラ





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今2位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今109位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です。いつもブログのほう拝見させて頂いております。

先日岡山のほうに奥埜先生に来て頂き、講義のほうをして頂きました。改めて自分の臨床を見直す勉強会となりました。また同じグループに摂南の方がおられ、非常に勉強となった良いディスカッションを行うことができました。
ぜひまた摂南の先生方のお話をお聞かせ頂けたらと感じました。

今後ともブログのほう楽しく拝見させて頂きたいと感じています。
よろしくお願いします。

固い感じになりましたがe-443失礼しますv-410
2011/01/18(火) 22:08 | URL | ユーキ #-[ 編集]
対話の先にある臨床
>ユーキさんv-22

コメントをいただきまして、ありがとうございます。

勉強会お疲れ様でした。
私が岡山の勉強会に伺わせていただいてから、
一年以上たつと思うと時の流れの速さを感じます。

臨床における対話も大切ですが、
セラピスト同士の対話もとても大切ですね。
私も日々、同僚と意見交換する中で、
新たな発見があります。

また、岡山の皆様と意見交換ができる日を
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。
2011/01/19(水) 05:38 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/367-198ea086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。