脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2008/10123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は大学院の講義

今後の研究ついての意見交換

が中心となっています

研究を進めるために、

乗り超えなければならない壁

があります


ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今2位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今101位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー


昨日は大学院の講義を受けるために、

広島へ行きました





いつものように早起きをして、

高速バスに乗って広島へ





となるはずが





寝坊





昼前から新幹線に乗って、

広島へ向かいました





高速バスと比べると、

半分の時間で到着





高速バスを使うと新幹線と比較して、

片道約4000円の節約になりますが、

倍の時間がかかります





時間をとるか

節約をとるか





悩ましいところです





さて、

昨日の大学院の講義は、

今後の研究ついての意見交換

が中心





大学院では、日々の臨床で行っている

感じ方を学習することと運動の関係

についての研究を行う予定になっています





何を知るために研究を行うのか

そのためには、

どのな研究方法を取るべきか

などなど、意見交換をする中で、

少しずつ内容も煮詰まってきます





現在の問題としては、

感じ方を学習することと運動の関係の中で、

どのような要素から研究を行っていくか

ということです




研究とは、

1度の実験で自分の述べたいことが証明できる

という訳ではありません





自分の述べたいということを証明するために、

    一つ一つの研究を積み重ねていく作業


になります





大学院の二年間で、

できることは限られています





感じ方を学習することと運動の関係は、

簡単にどこかの要素が取り出せるものではなく、

すべての要素が関わり合っており、

切っても切り離せない関係です





しかし、

それを研究として一つの形にするためには、

まずは、ある要素を取り出して研究を行うことも

必要になります





今月末までには、

ある程度の研究計画を立てなければいけません





具体的な研究計画ためには、

過去にどのような研究が行われているのか

について、十分に知っておかなければいけません





日本の研究だけではなく、

海外の研究も知っておく必要があります





今は、英語の文献の翻訳と戦っています





恥ずかしながら私は、

英語があまり得意ではないので、

英語の文献を読む時は、

とても苦労します





英語力の向上は、

まさに、研究を進めるための

乗り超えなければならない壁

です





大変ですが、

一歩進む前に進むしかありません





英語の単語帳でも作ろうかと思っています





英語力を向上させるために、

何か良い方法はないでしょうか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





リハビリを行うためのワンポイントについてはコチラ





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今2位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今101位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



コメント
この記事へのコメント
今年もよろしくお願いします。
英語の文献を読むのは大変ですよね。外国語は学ぶんじゃなくってコミュニケーションの手段として用いる方が上達が早いと思いますが、文献を読むのはまたそれとは違うでしょうね。文献を読む能力がどれくらい向上するかは分かりませんがSpype等で友人を見つけて助けてもらうと良いかもしれませんね。外国語は外国語のまま理解した方が分かりやすいですから…僕も訳となると苦労します。昔ほどではないけれど…
2011年が生野先生にとって実りの多い年になる様に願っております。
2011/01/12(水) 21:05 | URL | Koso #-[ 編集]
英語との戦い
>Kosoさんv-22

明けまして、おめでとうございます。
お体の具合はいかがでしょうか?

アドバイスをいただきまして、ありがとうございます。
実用的にはコミュニケーション手段として用いることが良さそうですね。
まずは、英語の文献を克服しなければならないので、
英単語から覚えようかと考えております。

本年もよろしくお願いいたします。
2011/01/13(木) 12:33 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/366-8d770d60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。