脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



去る12月9日付けの記事より、

「認知運動療法によって感覚障害は回復・改善可能なのか

をテーマとした記事を4回に分けて

お伝えしています

前回は感覚障害が回復・改善する可能性について、

説明してきました

今回は、Part3

「感じるための二つのポイント」

について説明していきたいと思います


ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今3位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今105位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



去る12月9日付けの記事より、

「認知運動療法によって感覚障害は回復・改善可能なのか

をテーマとした記事を4回に分けて

お伝えしています





Part1:「認知療法によって感覚障害は回復・改善可能なのか 」(詳しくはコチラ

Part2:「感覚障害は回復・改善するのか 」(詳しくはコチラ

Part3:「感じるための二つのポイント」

Part4:「異常感覚(痺れや痛み)の原因とは 」





前回の「感覚障害は回復・改善するのかの記事では、

「運動の変化に応じて数多くの感覚入力から

  適切な感覚に注意を向けて感じる練習をすることで、

      脳の中の感覚に関する部位が作り直され、

            感覚障害が改善する可能性がある」


ということが言えるとありました(詳しくはコチラ





そして、

脳梗塞や脳内出血によって

感覚障害や異常感覚(痛みや痺れ)を

お持ちの方々にとっては、

「運動の変化に応じて数多くの感覚入力から

         適切な感覚に注意を向ける」


ということは、なかなか難しいことが問題となります





そのため、今回は、

「感じるための二つのポイント」

について、まとめていきたいと思います





脳梗塞や脳内出血によって、

感覚障害や異常感覚(痺れや痛み)といった問題を

抱えてらっしゃる方の中には、

「足の裏の接地感がない

「手足が動いている感覚がない


という方も多く、

ある程度は感じることができる方でも

「良い方の感覚とは全然違う

ということもあるかと思います



中には、

「足の接地感がないけれども、

   足が地面着くと腰の方に痺れが走るので、

           着いているのかなと思う


といったように

本来とは異なる感覚で判断している

という方もいらっしゃいます





このような場合、

感じる訓練を行ううえで大切な

「運動の変化に応じて数多くの感覚入力から

         適切な感覚に注意を向ける」


ということは、とても難しいことになります





脳梗塞や脳内出血によって

感覚障害や異常感覚をお持ちの方が

ご自分でチャレンジしてみたとしても、

「良い方の感覚と同じような感覚を

   麻痺側で注意して探してみても感じることが出来ない

ということになってしまうかもしれません





そのような時は、

「感覚障害があるから仕方がない」

と思われるかもしれません





しかし、諦めてはいけません

思い出してみてください





先日の記事の中にあったように、

脳梗塞や脳内出血によって

感覚障害や異常感覚(痛みや痺れ)を

お持ちの方々が、

「麻痺側で集中していても感じることが出来ない」

と諦めている現象は、

「脳に入ってくる数多くの感覚情報から

  ある特定の感覚情報に注意を向けることができない

           ために感じることが出来ない」


という可能性もあるということでした(詳しくはコチラ





そして





「感じる練習」をすれば、

「脳の中の感覚に関する部位」が働く


ということがありました(詳しくはコチラ





しかし、

ただ多くの感覚入力を

  入れるだけでは不十分


なのです





ポイントは二つ





「一人一人の状態に応じて、

    簡単な感覚から段階的に進めていく」


ということと

「誰かに動かしてもらいながら感じる練習を行う」

ということです





まずは一つ目のポイントである

「一人一人の状態に応じて、

   簡単な感覚から段階的に進めていく」


ことについて説明します





スポーツの場面を例に考えてみます





感じる練習をすれば脳の中の感覚に関する部位が働く

ということは、スポーツの場面で言えば

基礎練習をすれば試合で良い結果が出る

ということかもしれません





スポーツを初めた頃は、

練習してもなかなか上手くいきません

試合で良い結果が出るなんて、

まだまだ先の話です





選手達は能力に個人差があるために、

試合で良い結果を出すための解決策

一人一人異なります





そのような時は

コーチの出番です





試合で良い結果が出ないのは、

その選手にとって試合をするのは難しすぎた

と言えるのです





コーチが一人ひとりの選手と関わる中で、

一人ひとりの能力に合った

基礎練習の内容を提案し、

積み重ねていく


ことによって、

徐々にスポーツの技術が上がります





その最終的な結果として、

試合での良い結果に繋がるのです





このように考えると、

「良い方の感覚と同じような感覚を

   麻痺側で注意して探してみても感じることが出来ない」


ということは、

その方が感じようとしている感覚は、

             今の状態では難しすぎる


と言えると思います





それでは、

どのようにすれば、

  感じることができるのでしょうか






そうです






リハビリにおけるコーチの役割を果たす

セラピストの出番です





脳梗塞や脳内出血によって

感覚障害や異常感覚をお持ちの方々の

一人ひとりの脳の損傷部位や

  一人ひとりの感じる能力を把握し、

   その方が感じることができる簡単な感覚を見つける


と共に

段階的に複雑な課題へと進めていきます





簡単な感覚とは、

一つの関節が動いている感覚や

足の裏を圧迫している感覚といった、

一つの種類の感覚

と考えることができますが、

一人一人の脳の状態によって、

  比較的簡単に感じることが出来る

         感覚の種類は異なる


ことから、詳細な評価が必要になります





簡単な感覚から感じる練習を行う時には、

単に感覚の練習を繰り返すのではなく

どのように考えればよいのか

どのような姿勢が良いのか

どのような動きの中で行うのが良いのか


といったことを

対話の中で見つけていくことになります





その結果、

脳の中の感覚に関する部位が働く

ことに繋がり、

「感じる」ことができる

ようになることになるのです







そして、もう一つのポイントである

「誰かに動かしてもらいながら感じる練習を行う」

ということについて





脳梗塞や脳内出血によって

感覚障害や異常感覚をお持ちの方の中で、

麻痺側を使われようとした際に、

麻痺された手足の筋肉が硬くなってしまう

ことはありませんでしょうか





先日の記事にもあったように、

麻痺された手足の筋肉が硬くなってしまう

ことは、

「体で感じる情報(体性感覚)」を

      適切に感じることができない


ことが一つの原因となります(詳しくはコチラ





基本的に、

麻痺された筋肉が硬くなってしまうのは、

体で感じる情報を適切に

感じることができない結果

によるものと考えられますが、

驚くことに、

筋肉が硬くなってしまわれることで、

       さらに感じにくくなってしまう


ことがあるのです





そのような状態では、ご質問内容にあったような

「麻痺側を使い(動かし)ながら、感じる練習をする」

ことは難しいことが考えられます





そのためまずは、

麻痺側を無理に動かさずに、

   誰かに動かしてもらいながら感じる練習を行う


ことが大切になると考えます





この時、

誰かに動かしてもらう

ということは、

脳梗塞や脳内出血といった脳損傷後に

      脳を作り直していくため

             にも重要なポイント


となります





脳損傷後は、

損傷部位以外の部位が一時的に働かなくなる

といった機能乖離という現象が

起こると言われています(詳しくはコチラ





この機能乖離を解除するためには、

弱い刺激

が良いと言われており、

強い刺激

では、かえって

機能乖離を長引かせてしまう

可能性があると言われています(詳しくはコチラ





脳梗塞や脳内出血によって

感覚障害や異常感覚をお持ちの方が

「麻痺側を使い(動かし)ながら、感じる練習をする」

時には、どうしても筋肉が硬くなってしまいます





筋肉が硬くなってしまうような動きは、

強い刺激になってしまい、

機能乖離の解除が起こりにくくなる

可能性があるのです





そこで






「誰かに動かしてもらう」

といった弱い刺激から行うことで、

機能乖離の解除が起こりやすくなり、

感じやすくなる可能性があるのです







したがって

「一人一人の状態に応じて、

   簡単な感覚から段階的に進めていく」


と共に

「誰かに動かしてもらいながら感じる練習を行う」

ことで、

「脳の中の感覚に関する部位が働く」

ことに繋がり、

「感じる」ことができる

ようになる可能性があるのです







以上、

脳梗塞や脳内出血によって

感覚障害や異常感覚(痛みや痺れ)を

お持ちの方々が感じる訓練を行う時の

「感じるための二つのポイント」

について紹介させていただきました





最後は、

「異常感覚(痺れや痛み)の原因とは

について





どうやら、

痺れや痛みといった異常感覚の原因は、

「感じることができない」ことに加えて、

精神面の問題も考えられているようです





感覚障害痺れ・痛み以外にも

お悩みご質問がありましたら、

お気軽にご相談いただければ嬉しく思います





以下のメールアドレスに直接メールをいただくか、

記事の左(掲示板の上)にある

「無料相談メールはこちら」のコーナーから

メッセージをお願いいたします


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今3位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今105位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



コメント
この記事へのコメント
大変参考になりました
誰かに「弱い刺激」で動かしてもらう。。。参考になりました!
一度無くした「人間が生まれながらに持っている感覚(人間の進化と共に出来上がった感覚?)」を元に戻す道は長く険しいことは覚悟の上で地道にがんばってトライしてみます
2010/12/25(土) 15:28 | URL | 岡下俊介 #-[ 編集]
身体を取り戻す旅
>岡下俊介さんv-22

コメントをいただきまして、
ありがとうございます。

感覚障害や異常感覚がある場合、
麻痺側のお身体がまるで、
「自分の体ではないような感覚」
におそわれることもあるのではないでしょうか?

たとえ麻痺の程度が軽かったとしても
「人間が生まれながらに持っている感覚」
がないようであれば、
大きな違和感があることと察します。

「人間が生まれながらに持っている感覚」を
取り戻す旅は簡単ではないかもしれませんが、
一歩ずつ進んでいく先に、
きっと光があると信じております。

記事が参考になりましたら、
とても嬉しく思います。
また、上手くいかないようなことや、
ご質問などがございましたら、
いつでもご連絡いただければ嬉しく思います。
2010/12/28(火) 13:02 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/361-c814806b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。