脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る9月11日から13日に大阪で開催された

認知運動療法ベーシックコース

が無事に終了しました

私の出番は、3日目の最後の講義

コースの中では不思議な出会いもありました

最後には、一言ずつメッセージ

を送る場面がありました


ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今2位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今55位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー

去る9月11日から13日に大阪で開催された

認知運動療法ベーシックコース

に講師補助として参加してきました





会場は、大阪府門真市にある

ルミエールホール

WS000002_20100911083323.jpg







2階のレセプションホールが

メイン会場となりました

WS000000_20100915075425.jpg





約80名の受講者

WS000001_20100915075425.jpg





資料が冊子になっていて、

なかなか良い感じです

WS000000_20100915222703.jpg





初日は、

認知運動療法の基本概念

が中心の講義





二日目は、

高次脳機能障害に対する認知運動療法

の講義の後





実技の講義となりました





今回は、

スタッフ一人ひとりに

担当の道具

があり、

私は上肢の訓練で使う

表面素材の訓練

が担当となりました





表面素材の訓練を行う目的

や訓練の難易度

訓練を行うときの注意点

などを中心に説明させていただきました





同じような説明を

8つのグループにさせていただきましたが、

話しすぎて喉が渇きました





後半になるほど

良い説明ができていたように思います





説明させていただく側も

毎回、学習しているものですね





講義の休憩時間





不思議な出会い

がありました





それは





以前、ブログを通じて、

臨床に関する質問をしていただいたセラピスト

がベーシックコースに参加しており、

ご挨拶に来ていただいたのです





「はじめまして」

のようで、そうでないような

不思議な感覚でした





また、

私のブログを通じて認知運動療法と出会った

というセラピストもいらっしゃいました





わざわざ挨拶に来ていただいて、

嬉しい限りです





このブログを通じて、

認知運動療法に興味を持つセラピストが増え、

多くの障害をもたれた方々の機能回復

に繋がることを心から願います





二日目の講義の後には、

懇親会





受講された方々と

多くの議論を重ねることができて、

とても有意義な時間となりました





そして、三日目





いよいよ私の出番です





同じ法人の同僚でもある、

奥埜先生信迫先生の症例発表の後





高次脳機能障害の方に関する症例発表

をさせていただきました





今回は、

脳梗塞により

左半側空間無視Pusher症候群を持たれた

左片麻痺の方と

脳梗塞により

失語症を持たれた右片麻痺の方

について





3日間のコースの最後の講義であり、

受講生の皆さんも疲れていると考え、

所々に「笑い」を取り入れながら

講義を進めました





司会をしていただいた

内山先生の的確なコメントもあり、

なんとか無事に終えることができました





ホッと一安心です





コースの最後は、

受講していただいた皆さんに向けて、

講師や講師補助から

一言ずつメッセージ

を送ることに





私が皆さんに伝えたことは





認知運動療法は、

難しい」と感じるかもしれないが、

基本的な考え方から知識を積み重ねれば、

必ず臨床展開できること





そして





大切な自分の家族が病気になったとした時に、

受けてもらいたいリハビリ

であると自信を持って言えること





最後に





一人でも多くのセラピストが

認知運動療法を実践することによって、

日本中の機能回復を願われている方々の笑顔

に繋がることを願っていること





想いを込めて

伝えさせていただきました







三日間のベーシックコースを終えて





受講されたセラピストの方々の臨床が

少しでも変化していることを願います





ブログをご覧になっている方の中にも

今回、ベーシックコースを受けられた方

もいらっしゃるのではないでしょうか



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今2位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今55位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/15(水) 23:32 | | #[ 編集]
質問
初めまして
と言っても私は認知の会員です。

突然このようなメールをするのは失礼かと思うのですが、最近の認知は如何かと思い、質問させて頂きたいと思いましてメールさせて頂きました。
臨床は如何ですか?
患者さんは思うように機能回復出来ていますでしょうか?

私は今、認知を臨床で展開しているベテランの先生方はもがいてるのではないかと感じています。
思うように患者さんは良くなっていないのではないでしょうか?
これはあくまで私の推測ですので、失礼があればお許し下さい。
率直な意見を聞かせて下さい。
認知をやり始めた頃と今とではどちらが機能回復を感じていますか?
おそらく多くのベテランセラピストがまだ未熟だと感じてた、あの頃ではないかと感じるのですが、如何ですか?
率直な感想をお願い致します。
2010/09/18(土) 01:19 | URL | 人を動かすのは人 #-[ 編集]
回復への道
>人を動かすのは人さんv-22

ご質問いただきまして、ありがとうございます。
機能回復への道には苦労することが多いですね。

少し長くなりそうですので、
近日中に記事にさせていただきます。

よろしくお願いいたします。
2010/09/18(土) 19:45 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/337-4204df1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。