脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この度、脳出血により麻痺という障害を持たれた方から

ご相談のメールをいただきました

その内容は、

歩いている時に麻痺側の手の振りが止まってしまうこと

についてです

一見、手の問題にも見えますが、

他にも大切なポイントがあります


ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今3位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今123位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー

この度、

脳出血により麻痺という障害を持たれた方から

ご相談のメールをいただきました





今回の内容は、

歩いている時に麻痺側の手の振りが止まってしまうこと

についてです





同じことでお悩みの方も多いかと考え、

ご相談していただいた方の了承をいただいたうえで、

返答の内容についてご紹介させていただきます





ご相談いただいたメールの内容はコチラです





(麻痺側の)上肢の左右の振りができますが、

足の動きが入ると動いていた手が止まってしまいます。

これはまだ伝達が出来てない事なのでしょうか?






動いていない状態では、

麻痺側の手はある程度、

動かすことができるようですが

歩いていると動きが止まってしまう

ようです





動いていると、

ご自分の意思とは反して、

麻痺側の腕が曲がって
きてしまい、

困っておられる方も多いではないでしょうか




このような状態が続くと、

麻痺側の腕や手の回復にも影響が出てしまう

こともあります





「歩く」ということは、

主に下半身が動きなのにも関わらず、

勝手に麻痺側の腕が曲がってきてしまう

ことは不思議なことだと思います





この現象は、

リハビリの専門用語で申しますと

連合反応」または「放散反応

と言います





リハビリの専門用語では、

ある部位の運動によって、

その他の部位へ緊張が伝わってしまうこと


連合反応」や「放散反応

と言います





今回の「歩く」ことで言えば、

足の緊張が手に伝わってしまう

ことになります





麻痺側の手足を動かすときには、

緊張しやすくなっている方

も多いと思います





この反応は、

麻痺側の手足の動かそうとされる部位が

緊張してしまい、

力が入ってしまう場合に起こりやすい


ことが特徴になります





そして





麻痺側の手足の運動が

より楽に動けるように調整されていくことによって、

出にくくなります





歩くときに、

足の緊張が高く

なってしまわれていないでしょうか





歩くときに麻痺側の足の緊張が高くなっている場合、

足からの「連合反応」によって、

手の緊張が高くなる


ことがあります





そのような場合は

歩くときに、

緊張が高くならないコツ

つまり

楽に動くためのコツ

を見つけることによって、

「連合反応」が起こりにくくなり、

手の緊張が高くなりにくくなります






その結果





歩くときに、

手の振りが出てくる


ことに繋がるのです





楽に動くためのコツ

を見つけることは、

障害をお持ちの方にとっては、

とても難しいことになります





そのような時





楽に動くためのコツ

を見つけるためのお手伝いをすることが

認知運動療法の目的の一つになります

(詳しくはコチラ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今3位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今123位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/331-6504d639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。