脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リハビリは、

適切な「運動」を「学習」する過程

であると言えます

今回は「運動学習」のメカニズムと

誤った運動を学習しないためのポイント

についてまとめてみました


ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今3位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今94位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



リハビリは障害を持った体からの回復を目指す道のりであり、

その過程は、運動学習することと言えます





整形外科疾患や脳梗塞・脳出血におけるリハビリは、

障害を持った状態からの学習

であると言えます





運動を学習することは、

運動学習」と言われています

そして、

運動学習を行う時には、

以下の三つの段階があると言われています





認知段階」:学習者が課題を理解し「何をするのか」を学習する段階

連合段階」:練習によって自らの運動を調整し「どうやって行うか」を理解する段階

自動化段階」:運動が時間的にも空間的にも高度に構築され「いかにうまくやるか」が中心となる段階





運動学習の段階では、

初めの段階ほど、

意識しなければならない

と言われており、

「自動化段階」になるほど、

無意識に行うことができるようになる

と言われています





つまり、

初めは気をつけながら運動を行い、

        徐々に無意識にできるようになる


ということです





ある運動が無意識に行うことができるようになる

ということは、

自然にできることであり、

運動を学習した」ことを表している

と言えると思います





しかし





誤った運動を学習し続けてしまうと

誤った運動が自動化してしまう危険性

があることがあるので注意しなければなりません





一度、誤った運動が自動化してしまうと、

それを学習しなおすには時間がかかってしまいます





誤った運動を学習しないためにも

「認知段階」「連合段階」において、

いかに適切な運動を学習することができるか

が大切になると考えます





その時に

障害を持った方々に

適切な運動を学習していただくことが、

私たちセラピストの役割

になります





「連合段階」で、

自らの運動を調節していただくためには

フィードバック

ということが大切になります





フィードバックとは

ある系の出力(結果)を入力(原因)側に戻す操作のこと

と言われています





つまり





フィードバックによって、

運動の結果を学習者であるご自身が知ることで、

次の運動に繋げることができるようになる


ということです





フィードバックは、

内在的フィードバック



外在的フィードバック

に分けられます





内在的フィードバックとは、

「さっきは、手や足の動きをあんな感じでやってみたら

上手くいかなかったので、次はこんな感じに変えてみよう」

といったように、

ご自身が直接的に感じることができる

姿勢や運動に関する感覚


といった内容です





一方





外在的フィードバックとは、

ある運動が「うまくいった」「うまくいかなかった」といった、

運動の結果についての知識

ある運動に対してセラピストやご家族が

「踏ん張れていないので、もう少し力を入れてください」

「足が前に出ていないので、もっと前に出してください」

といったように

外から見えた姿勢や運動について言葉で伝えること

になります





つまり





運動学習では、

自分の体の姿勢や動き方に関する認識(内在的フィードバック)や

運動についての指導(外在的フィードバック)を

組み合わせて、

適切な運動を学習していただく


ことが重要になります





ここで一つ

注意しなければならないこと

があります





それは

障害を持った方においては、

自分の体の姿勢や動き方に関する認識

と他の人から見た体の姿勢や動き方が

ズレてしまうことがある


ということです





脳梗塞などによって片側の手足に麻痺をお持ちの方の中には、

ご自身では「まっすぐ座っている」と思っているにもかかわらず、

他の人から見ると明らかに傾いていることがあります





このような状態で学習が進んでしまうと、

傾いた姿勢での運動が自動化されてしまう危険性

があります





適切な運動を学習するためには、

自分の体の姿勢や動き方に関する認識と

他の人から見た体の姿勢や動き方が一致


していることが重要になります





自分の体の姿勢や動き方に関する認識と

他の人から見た体の姿勢や動き方にズレが

生じてしまう原因について、

首都大学東京の樋口貴広先生は、

健常な状態とは異なる感覚情報の入力や,

必要な感覚情報の欠如,あるいは

感覚情報の統合に必要な

認知情報処理の障害が考えられる


と述べています

(運動障害に対する教示法の考え方.理学療法 26巻12号 2009年12月号より引用)





つまり





整形外科疾患や脳梗塞・脳出血などによって、

姿勢や運動についての感覚が

適切に脳に処理されなくなると、

ご自分の体の姿勢や動き方に関する認識が

変化してしまい、

他の人から見た姿勢や動き方とズレが生じてしまう


ということになります

(感覚と自分の体に関する認識における脳の働きについてはコチラ





運動学習のフィードバックに置き換えて考えると、

内在的フィードバックの内容が不適切になっている

状態であると考えられます





それでは、

このようなズレを修正するには

どうすればよいのでしょうか





それは





適切な感覚に注意を向けてもらい、

適切な感覚を感じてもらう


ことが必要になります





整形外科疾患や脳梗塞・脳出血などによって

障害を持たれた方の多くは、

痛みや感覚が鈍くなることによって、

適切な感覚に注意を向けることができない

ことが多くあるのです





適切な運動を学習するためには、

適切な感覚に注意することが必要






認知運動療法の考え方にも繋がりますね

(詳しくはコチラ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今3位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今94位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



コメント
この記事へのコメント
納得です。
私はいつも、主人のリハビリ状況を、携帯やデジカメで撮影し続けています。
時にはリハビリ途中のちょっとした休憩時間(?)等に、本人と療法士さんと3人で姿勢等を確認したりします。動画だと客観的に見れるので分かりやすいと主人が言ったからです。
また、過去の画像と比較してみると、現在の自分の回復加減が、これもまた客観的に確認出来るので、一石二鳥です。
2010/08/20(金) 01:31 | URL | sally #-[ 編集]
フィードバック
>sallyさんv-22

お役に立てて嬉しく思いますv-353

動画や画像を見ることも
フィーバックの一つになりますねv-21

過去のものを比較すると
回復具合がわかりやすいので、
とても良い方法になりますねv-353
2010/08/20(金) 01:38 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
私は
 「考えるリハビリ」が必要だと考えています。セラピストだけではなく患者本人も。

 姿勢の誤りについては、平行棒の一方に全身の映る姿見を置いて歩く練習をしてもらいました。
2010/08/20(金) 10:12 | URL | マサおじさん #-[ 編集]
「考える」リハビリ
>マサおじさんさんv-22

リハビリを受けられる方とセラピストの
どちらかが考えるのではなく、
共に考えることによって、
良い方向に向かっていくと感じておりますv-353

鏡を見て姿勢を調節する練習をされていたのですねv-21

リハビリを通じて、
「鏡を見ずに感じているご自身の姿勢」

「鏡を見たご自身の姿勢」
が一致することが理想的ですねv-48
2010/08/22(日) 22:04 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/330-b7b511dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。