脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳梗塞や脳内出血などによって麻痺という障害をお持ちの方にとって

上手く歩けるようになる

ということは、大きな目標になると思います

上手く歩くことができない悪循環

を断ち切るために必要なことは


ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今3位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今56位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー


脳梗塞や脳内出血などによって麻痺という障害をお持ちの方にとって

上手く歩けるようになる

ということは、大きな目標になると思います





「歩く」ということは、

足で支えること



足を前に出すこと

の繰り返しの動作になります





支えることが問題なのか

足を前に出すことが問題なのか

どちらかの問題の方が大きいこともありますし、

両方に問題がある

こともあります





一見、

歩き方が同じように見えても

回復に向けて解決しなければならない問題は、

一人一人違う可能性が高いので、

詳細な評価が必要なります





本日、

認知運動療法で治療させていただいた一場面





脳梗塞によって左片麻痺を持たれた方で、

杖を使いながら歩かれています





麻痺側の足を前に出す時に、

体が後ろへ傾いています

また、

足を地面に着く時には、

膝関節が曲がっています

この時、

麻痺側の足はとても緊張し、

硬くなっています





そして





麻痺側の足で支えようとすると、

膝関節がさらに曲がってしまい、

体を支えることができません





一見、

支えること



足を前に出すこと

両方に問題があるように思えます





認知運動療法では、

麻痺側の足を前に出す時に、

     体が後ろへ傾いてしまう

麻痺側の足で支えようとすると、

     膝関節がさらに曲がってしまう

といった運動の異常が起る原因

「その運動に必要な感覚を感じることができない」

ことだと捉えています

つまり、

麻痺側の筋肉が硬くなるといったような

筋緊張の異常は、動きに必要な感覚を

      感じることができないために生じる


と考えています(詳しくはコチラ





そのように考えると、

今回は、

支える時



足を前に出す時



両方の運動に必要な感覚を感じることができない

と考えることができます





そこで、実際に評価を勧めてみました





すると





比較的、

支える時に必要な感覚は感じることができますが、

足を前に出す時に必要な感覚を

         感じることができていない


ことがわかりました





そこで、

治療を通じて、

足を前に出す時に必要な

股関節や膝関節の動く感覚



地面に着く時の足の裏の感覚

の感じ方を学習していただきました





すると





体を後ろに傾けずに

  麻痺側の足を前に出す


ことができるようになっています





そして





膝関節を伸ばして

    足を地面に着く


ことができています





そして、なんと





麻痺側の足で支える時にも、

膝関節が曲がらずに、

    まっすぐ支える


ことができています





不思議なことに、今回は

麻痺側の足を前に出すことを目的とした治療

を行ったのですが、

麻痺側の足で支えることも上手くなりました





はたして何が起ったのでしょうか





先にも述べたように、

認知運動療法では、基本的には

麻痺側の筋肉が硬くなるといったような

筋緊張の異常は、動きに必要な感覚を

      感じることができないために生じる


と考えていますが、

筋肉が硬くなってしまうと

      感じることができていた感覚が

          感じることができなくなる


ことがあるのだと思います





今回は、

足を前に出す時に必要な感覚を

      感じることができていない


ために麻痺側の筋肉が硬くなってしまっていました





今回の方は本来、

支える時に必要な感覚は感じることができる能力

はお持ちだったのですが、

足を前に出すことで筋肉が硬くなった状態では、

支える時に必要な感覚を

      感じることができなくなってしまった


ために、

支えようとした時に、

膝関節がさらに曲がってしまう


といった現象が起っていたのだと思います





おそらく、

足を前に出す時に必要な感覚を

        感じることができない

筋肉が硬くなってしまう


支える時に感じることができていた感覚が

        感じることができなくなる

筋肉がさらに硬くなってしまう

足を前に出す時の感覚が

     さらに感じることができなくなる

といったような悪循環

起っていたのだと思います







脳梗塞や脳内出血によって麻痺を持たれた方で、

歩くことに問題を抱えてらっしゃる場合、

今回の方と同じような原因の方もいらっしゃいますが、

今回の方とは反対に、

麻痺側の足で支える時の問題が大きい

方もいらっしゃいます

また、

麻痺側の足で支えることと

足を前に出すことの両方に問題がある方

もいらっしゃいます





どこに問題があるのか

といったことは、

麻痺を持たれたご自身では、

なかなかわかりにくいようです





そのため、

お一人お一人の問題を詳細に評価したうえで、

治療を進めていくことが必要なります





詳細な評価が、

回復への第一歩

になるのかもしれません



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今3位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今56位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/328-0520dc0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。