脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る4月15日

日本認知神経リハビリテーション学会学術集会の

演題発表の締め切り日

を迎えました

私もこれまで準備を進めてきました

その結果

一つの決断をしました


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


去る4月15日

日本認知神経リハビリテーション学会学術集会の

演題発表の締め切り日

を迎えました





私もこれまで準備を進めてきました





同僚や上司にアドバイスをもらい、

修正を加えてきました





そして





今回





一つの決断をしました





それは





演題発表を取りやめる

ということです





なぜかというと





修正を加えてきましたが、

内容が不十分であった

ためです





今回は、

片麻痺の患者様に対する治療についての発表

を予定していました





自分なりに治療についての考察をまとめてきました





しかし





今年の

認知運動療法マスターコース

の内容を勉強や

上司から受けたアドバイスを通じて、

自分の治療における考え方が不十分

であることがわかりました





それからも諦めずに修正を続けてきましたが、

やはり、納得のいく内容にはなりませんでした





納得のいかないことを発表するわけには行きません





そのため、

演題発表を取りやめる

ことにしました





発表できないことは残念ですが、

これから勉強を続けることで、

自らの治療記述を高め、

次に発表につなげたいと思います








それにしても

認知運動療法(認知神経リハビリテーション)は

奥が深い





それだけ、

人間が複雑な存在

ということなのだと思います





患者様を治療するためには、

セラピストは学び続けなければなりません








今回は、発表することはできませんが、

職場の都合が合えば、

学会には参加したいと思っています





今回は、

初の3日間の学会です





まだ、内容は決まっていないようですが、

楽しみですね


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ご意見やご相談のメールもお待ちしております





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


コメント
この記事へのコメント
登録しました
お久しぶりです。大学院生生活どうですか?

今回の学会はギリギリ登録しました。内容は未熟なもので、失敗例と言うか言語提示の方法を見直す機会となった…というような内容で、採用は厳しいかなと思っています。

学会の原稿は私にとっては臨床をまとめる機会になっていますので、思考をめぐらすにはよい活動かなと思っています。

学会でお会いできたらいいですね
2010/04/21(水) 00:44 | URL | Regina #-[ 編集]
演題登録
>Reginaさんv-22

おひさしぶりですv-353
大学院は週1回、広島に通っていますv-456
まだ慣れませんが、これから頑張っていきたいと思いますv-278

演題登録をされたのですねv-21
言語提示の方法についてとは、興味深いですv-354
採用された際には、ぜひとも拝見させていただきたいと思いますv-355

学会でお会いできることを楽しみにしておりますv-353
2010/04/21(水) 18:19 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/23(金) 13:05 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/288-dbb8f666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。