脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る2月4日に京都認知運動療法勉強会に参加してきました

今回は、訓練の内容についてのディスカッション

少々、熱くなってしまいました


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



去る2月4日に京都認知運動療法勉強会に参加してきました





今回は、1年目の後輩と二人で参加





後輩も勉強会に参加する時は、

自分の考えを伝える

ことの練習になっているそうです





1年目にも関わらず目的意識を持って、

勉強会に参加している後輩に関心





本人も病院外の勉強会に参加するようになってから、

その難しさと大切さに気がついたようです








関心 関心








近くで日々、成長している後輩を感じます






7時過ぎに会場へ到着






今回は7名の参加者

CIMG2300_convert_20100208195825.jpg

CIMG2301_convert_20100208200203.jpg





今回の内容は、

訓練の内容についてのディスカッション





参加者が

「次の日に行う予定にしている訓練」

について、まとめてきたものを発表します





どのような訓練が適切か

ということは、

評価(プロフィール→詳しくはコチラ)がないとわかりません





そのため、今回は、

訓練の整合性

が主なテーマとなりました





訓練で何を教えたいのか

制御することを目的としている特異的病理は何か

そのためにどのような訓練を行っているのか

訓練ではどのような手順で行うか






などなど

実際に、まとめてみると繋がっていない部分もあります





今回、ディスカッションの中で、

議論になったことがあります










それは










認知問題を提示した時に、患者様が

わからない時にどうするか

ということです







参加者の方々から、

様々な意見が交わされました







個人的には、

わからないということは、

基本的には、その問題状況では

難しすぎる

ことだと考え、

わかるように導く

ことが重要であると考えます









学生時代を思い出しても、

わからない問題

を出し続けられても

勉強になりません





勉強が嫌になってしまうかもしれません





そのような時には、先生に

難しい問題の解き方

を教えてもらったり

簡単な問題の復習をしたり

したものです











脳のリハビリである認知運動療法でも同じことが言えます







わからない・感じることができない患者様

に対して、

どのようにすれば

     わかる・感じるようになるのか


を見つけることが

教師役であるセラピストの役割

になります





同じ問題でも

わかりやすいような声かけをセラピストが行う

ことや

わかりやすい手順で行う

こと

問題を簡単にすること

もあります





セラピストの援助によって、

わかる難易度の認知問題

で訓練を行い、

徐々に難易度を高くしていくことが

学習に繋がると考えます








わかるように導く

ことは簡単なことではありません





わからない原因となる

認知問題の異常を把握

している必要があります





そのうえで、

認知問題の異常を克服

     するような援助の方法


を考えなければなりません





脳のリハビリである認知運動療法が

評価と訓練が一体である

と言われるのはこのためです







そんな議論を交わししました





少々、熱くなってしまったことを反省









人に伝える

ことは難しい








伝わらない

のは相手の理解力が問題ではなく、

伝え方が悪い

からだと思います








認知運動療法の考え方と

つながりますね







今回は、うまく伝えることができずに反省









認知運動療法を勉強するようになってから、

コミュニケーション能力が向上

したように思います





セラピストの皆様は、いかがでしょうか






プロフィールについての書籍はこちら

認知運動療法へ・私の臨床ノート〈1〉道具と治療認知運動療法へ・私の臨床ノート〈1〉道具と治療
(2004/07)
塚本 芳久石原 崇史

商品詳細を見る


認知運動療法へ・私の臨床ノート〈2〉臨床思考の手続きと治療認知運動療法へ・私の臨床ノート〈2〉臨床思考の手続きと治療
(2005/07)
塚本 芳久石原 崇史

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ




コメント
この記事へのコメント
No title
そうですね。患者さんにとって何故この提示された問題がセラピストから見て難しいと感じるのか?ここも大きなポイントだと思います。難易度というよりも患者さんの評価が細かく出来ているかの精度の差になります。今日がVilla Miariの研修最終日となりましたが、最後にもう一度Marinaの訓練を見て非常にシンプルな訓練で4か月前にも見た目には行っている訓練ですがLuigiの求められる認知過程の活性化が違うのが見てとれます。4か月前までは差異のみで直接的な比較、今朝はより表象化に注意を向けた訓練だったように思います。(つまり情報の統合と表象化)ですので間違った場合の質問も本当に硬いスポンジだった?そうかどうか硬いスポンジを感じさせるね。(ここはまだ直接的な比較になっていますが…)という具合でした。課題を理解してもらうことは大変なことですが、セラピスト同士が先に訓練をシミュレーションしてから行うことが出来れば精度は確実に上がります。前もって!というのが重要なんです。臨機応変にという人もいますが人間は手持ちのカードしか切れないのが普通です。僕みたいなあまり頭の良くないセラピストは少しずつでも手持ちのカードを増やすべくせっせと訓練の前にシミュレーションをしなければならないと痛感しています。
 また皆さんに直接お目にかかれる日を楽しみにしています。
2010/02/10(水) 05:25 | URL | koso #-[ 編集]
No title
生野達也さん!心つかい有難う御座います。こんな仕事してますが・・何かの・・縁があって・・建築業界へ戻れることを切に思っている次第です。
2010/02/10(水) 11:42 | URL | 智太郎 #Cv7CRq2s[ 編集]
前へ
>智太郎さんv-22

ブログへ訪問していただきまして、ありがとうございますv-353
建設業界への復帰を目指して、一歩ずつ前へと進まれていることは、
素晴らしいことだと思いますv-21

陰ながら応援させていただきますv-322
今後ともよろしくお願いいたしますv-353
2010/02/10(水) 15:22 | URL | 認知運動療法士 生野達也 #-[ 編集]
日本へ
>Kosoさんv-22

イタリアでの研修が終わられたのですねv-21
本当にお疲れ様でしたv-48

患者様の回復とともに認知問題も変化するものですねv-353
適切な訓練を行うためにも、常に患者様の病態解釈を行い、
それに応じた訓練内容を考え続けるという姿勢が重要ですねv-22

いつごろ日本へ帰国されるのでしょうかv-233v-361
3月の京都認知運動療法勉強会オープン勉強会では、
お話を伺えることを楽しみにしておりますv-354
2010/02/10(水) 15:31 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/11(木) 22:35 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/18(木) 02:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/269-49473974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。