脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強会の情報と共に、各地で

認知運動療法のオープン勉強会が開催されます

どのようなことが創発されるか楽しみです

京都のオープン勉強会では大役を任されました

初めての経験になりそうです


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



勉強会の情報と共に、各地で

認知運動療法のオープン勉強会が開催されます





今回は、香川、松江、九州合同、京都です





詳しくはコチラです





香川認知運動療法勉強会

次回の認知運動療法勉強会について日程が決まりましたのでお知らせいたします。

日時:2月12日(金曜日) 19:00より
場所:四国医療専門学校

内容:脳の可塑性と機能再構築
西山脳神経外科病院 鵜川裕司先生

参加費は無料ですが資料を用意する関係上
参加される方は人数を四国医療専門学校 穴吹までお知らせ願えればと思います。
どなたでもお気軽にご参加ください。
多くの先生のご参加をお待ちしております。

問い合わせ先
四国医療専門学校 穴吹
t.anabuki■@459.ac.jp
(アドレスから■を除いてください)





12月に引き続き、

香川での開催です

香川も盛り上がってきましたね

前回は、事前にアナウンスできませんでしたので、

今回は、間に合って良かったです





松江認知運動療法勉強会 オープン勉強会

日時:2010年3月6日(土)14:00~18:00

場所:松江生協病院(〒690-8522 島根県松江市西津田町8-8-8)
*いつもの「松江市立病院」とは異なります!お間違えのないように気をつけてください!
http://www.min-iren.com/guide/access/access.htm
http://www.min-iren.com/guide/parking/parking.htm
*駐車場はお見舞い等の方々が使われます。数に限りがあるため乗り合わせもしくは公共交通機関の利用をおねがいいたします。

内容:講義、発表など(詳細は今後掲載いたします)

申込締切:事前の準備等必要ですので2月27日(土)までに参加希望の方はお申し込みください。

参加費:松江勉強会会員 無料、非会員 500円

なお、勉強会終了後、懇親会を行います。こちらも多くのご参加お待ちしています。

申し込み、問い合わせは以下のアドレスまでお願いいたします。
申し込みの際には懇親会参加の有無も記載お願いします。

松江認知運動療法勉強会事務局
matsue_etc@yahoo.co.jp
なお、申し込み、問い合わせの際には必ず件名を「第35回オープン勉強会」としてください。





まだ、内容は決まっていないようですが、

どのような内容になるか楽しみです





認知運動療法 九州合同勉強会

今回、九州各地で臨床展開しているセラピストを中心とした議論(症例検討会)を行い、より臨床を意識しつつ、中核メンバーの臨床力育成・向上はもとより、参加者にとっては、今後の臨床展開のための研修会を企画することとしました。
参加者はベーシック受講を終了しているものとしますが、症例の提示はアドバンス修了者とし,内容の濃い議論をすることを目的としています.


日程:平成22年3月21日(日)~22日(月)
         会場:熊本リハビリテーション学院
会場アクセスマップ http://www.kumareha.ac.jp/gaiyou/map.html 
参加費:500円
              参加者:50名程度
        参加資格:ベーシック受講済みのセラピスト
       症例提示資格:アドバンス受講済みのセラピスト(九州各県の研究会で決定済)
           申込み〆切:平成22年3月6日
九州合同勉強会アドレス:orso_di_fuoco@yahoo.co.jp

入力事項
①氏名(フリガナ)
②病院・施設名(県名も含む)
③職種・経験年数
④参加形態:受講or症例提示
⑤レセプション参加希望(あり・なし)
不明な点がありましたら九州合同勉強会アドレスへタイトルを「問い合わせ」としてご連絡下さい。
企画発起人 熊本研究会:宮城 鹿児島勉強会:西谷





症例提示をされる方を募集するとは、

新しい試みですね

発表することは、用意も大変ですし、

とても勇気の必要なことですが、

間違いなく良い経験になることと思います





多くの方から意見をいただけることは貴重ですね

迷っている方がいらっしゃいましたら、

ぜひっ





京都認知運動療法勉強会 オープン勉強会

日時:3月6日(土)14時30分~18時頃
    3月7日(日)9時20分~16時頃
   * クローズ勉強会(対象者のみ)6日19時~21時
会場:京都市こどもみらい館(地下鉄烏丸線丸太町駅下車) 地図
テーマ:認知運動療法を「自分のこととして」学ぶ
   -基本事項・訓練の再確認とともにサントルソの臨床を知る-
参加資格:認知運動療法を臨床にて行っている/試みているセラピスト
会費:3000円(1日のみ参加の場合2000円)
定員:40名
講演者・発表者
 松田耕宗(Villa Miari 研修生)
 大見健輔(岡崎東病院)
 塚本芳久(摂南総合病院)
 奥埜博之(摂南総合病院)
 佐藤正俊(上京病院)
司会進行 生野達也(摂南総合病院)
主催:京都認知運動療法勉強会

申し込み方法
下記の事項を記載の上、メールにてお申し込みください。タイトルを「オープン勉強会申込」としてください。
①所属 ②氏名 ③職種 ④ベーシック等コース受講の有無 ⑤参加日(2日間/土曜日のみ/日曜日のみ) ⑥宿泊の希望(下記参照) ⑦その他要望
締め切り:定員になり次第締め切ります。最終締め切りは3月1日(月)。
申し込み・問い合わせ先 info2@etckyoto.skr.jp

*宿泊について
当日は京都市内での学会開催があり、ホテルが大変混雑しています。今回「京都トラベラーズイン」の部屋を一定数確保していますので、必要な方はあわせて申し込んでください。和室2人部屋で一人4800円、食事なしとなります。前日以降のキャンセルはキャンセル料がかかります。駐車場は有料で申し込みが必要です。
自分でホテルを探される方、宿泊されない方も、その旨上記⑥に記載してください。


【プログラム】
3月6日(土)
14時10分 受付開始
14時30分-14時50分  認知運動療法を自分のこととして学ぶために 佐藤
14時50分-15時20分  サントルソ研修で知ったこと・学んだこと 大見
15時30分-16時50分  認知運動療法の評価と思考の仕方 松田
            (観察とプロフィール、問題の特定、歩行)
17時00分-17時30分  認知運動療法の訓練(傾斜板)
17時30分-18時00分  ディスカッション

*19時-21時 クローズ勉強会(対象者のみ)


3月7日(日)
9時00分 開場
9時20分-9時50分   認知運動療法の用語の整理 佐藤・松田・大見
9時50分-10時30分  認知運動療法の訓練(パネル)(スポンジ)
10時40分-12時10分  カルテと訓練の詳細 松田

13時00分-14時00分  イメージ、中間世界のアイデア-臨床現場からの解釈 塚本
14時10分-14時50分  特異的病理と患者の思考・志向性 奥埜
14時50分-15時20分  ディスカッション
15時20分-15時30分  まとめ
16時閉場

プログラムは変更になる場合があります。





2日間と盛りだくさんです





今回は、イタリアで研修された

松田耕宗先生

大見健輔


が講義をされるようです





そして





私の上司である塚本芳久先生

私の同僚であり同期でもある奥埜博之先生

の講義もあります





内容がとても臨床的だと思います

どのような話が聞けるか楽しみですね








その中で








私は司会進行という大役を任されました





司会進行は始めての経験





今から少し緊張します





参加された方々にとって、

有意義な時間

になるように勤めたいと思います





塚本芳久先生の書籍はコチラ

運動の生物学 改訂第2版 臨床家のための脳科学運動の生物学 改訂第2版 臨床家のための脳科学
(2009/05/26)
塚本 芳久

商品詳細を見る


運動の生物学―臨床家のための運動学入門運動の生物学―臨床家のための運動学入門
(2001/11)
塚本 芳久

商品詳細を見る


運動の生物学〈2〉臨床家のための発達科学入門運動の生物学〈2〉臨床家のための発達科学入門
(2003/02)
塚本 芳久

商品詳細を見る


運動の生物学〈3〉意識へと向かう臨床のビジョン運動の生物学〈3〉意識へと向かう臨床のビジョン
(2004/02)
塚本 芳久

商品詳細を見る




ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


コメント
この記事へのコメント
九州合同
おひさしぶりです☆
司会をされるのですね 頑張ってください♪

九州合同の「宮崎」担当は 当院なのです(-_-;)

うちは 宮崎代表(他称)もいますし 
PTが3名いて 今年皆でアドバンスまで行きましたし
リハ室全員で認知運動療法に取り組んでいる医院なので

うちの3名の中から 1名を選んで症例提出する予定です

私も今 その準備をしているのですが

なにぶん 認知運動療法に出会って
かけ足で去年1年を過ごしただけの私たち
認知運動療法1年生3学期末と言ったところです

いやはや 私たちのレベルで出て良いものか(-_-;)

ものすごーく勉強になるのは分かっているのですが 
いかんせん恐縮です
2010/02/11(木) 21:53 | URL | コトリスキー  #-[ 編集]
プライスレス
>コトリスキーさんv-22

お久しぶりですv-353
コメントありがとうございますv-280

吸収合同勉強会の「宮崎」担当なのですねv-21

とても緊張すると思いますが、
とても良い経験になりそうですねv-48

まさにプライスレスの経験ですねv-354

発表が決まった際には、
ぜひともご一報くださいv-5
2010/02/15(月) 23:18 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/268-94cfdb7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。