脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末は、東西から見学の方がいらっしゃいました

東は静岡から西は熊本から

夜には熱い大阪の街へ


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



先週末は、東西から見学の方がいらっしゃいました

東は静岡から西は熊本から





静岡からは、

車で来られたそうです





浜松から一般道できたとのこと





すごいパワーです







熊本からこられた方は、

昨年、就職に際して

一度、見学にこられたことがありました





その時も

とても熱い学生さんだったことを覚えています





今は、熊本の総合病院に勤務されています





一年目から、

一人で認知運動療法を臨床展開しているとのこと










静岡からこられた方は2日間





熊本からこられた方は1日間





臨床場面を通じて、

いろいろとディスカッション

をさせていただきました





こうして、

出会うことも何かの

だと思います










見学を終えて・・・










夜は、みんなで食事へ







全員で行くつもりが、

なかなか予約が取れず、

二手に分かれていきました








私は熊本からこられた方と食事へ









大阪らしいもの










といえば












いつもの













串かつです

(最近、よく串かつを食べている気がします





前回、前の病院の後輩と

串かつを食べに行ったのは、

元気屋さんでした(詳しくはコチラ








今回は、いつものお店










京阪守口市駅から徒歩3分








新世界のお店にも引けを取らない名店











IMG_0247_convert_20100125002302.jpg

車屋さんです







IMG_0246_convert_20100125002206.jpg

ビリケンさんの足の裏を

触っておきます




ご利益がありますように






IMG_0248_convert_20100125002341.jpg

いつもの串かつが登場












相変わらず













おいしいです




ビールが良く合います








途中から、

大阪府枚方市の病院で勤務されている方を

交えて、熱い話が続きます






認知運動療法との出会い





臨床の苦労話





臨床で嬉しかったこと







などなど









皆さんに共通していることは









患者さん想い

であること





患者さんをなんとか良くしたい

という熱い想いが伝わります








枚方市からこられた方は、

私の後輩の学生時代の同期

だそうです





臨床経験は一年目

だそうですが、

今年度のうちに認知運動療法の

ベーシックコース

アドバンスコース

を受講されたようです





はじめは、

一般的な理学療法

をされていたようですが、

良くなる患者さんと

良くならない患者さんがいる


ことを経験したそうです





その時





自分の教え方が悪いのではないか

と思われたそうです






そして





学生時代に特別講義で受講した

認知運動療法

を思い出し、

ベーシックコースを受講されたそうです









良くならない患者さんに対して、

自分の教え方が悪いのではないか

と思われた時に、

なぜ、認知運動療法を学ぼうとされたのでしょうか








それは








認知運動療法における

機能回復の捉え方

にヒントがあります





認知運動療法では、

運動機能回復を学習

と捉えています

(認知運動療法についての簡単な解説はコチラ





セラピストが教師役となり

一人一人の患者さんの脳(認知過程)の状態

に応じて、

適切に学習できるように

訓練方法を変化させる特徴があります








患者さんが良くならない









それは







教師役であるセラピストが

適切に教えることができていないために、

患者さんがうまく学習で来ていない

ということになります






患者さんにうまく学習していただく

ためには、セラピストが

一人一人の患者さんの脳(認知過程)の状態

を評価して、

訓練につなげることが重要になります










話は戻り…





男6人で、

串かつを食べながら、

熱い話が続きました





こうして出会った

を大切にしたいものです





またお会いできる日が

楽しみです











気がつけば、

1月も終わりに近づいてきました





たくさん

しなければいけないこと

があります…





焦りますが、

一つ一つ頑張っていきます





一つを頑張ろうとすると、

他のことが見えにくくなる

のが難点です





注意して視野を広げていきます



ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/261-485ce889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。