脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、今年度最後の

ベーシックコースの募集が始まりました

開催地はです

今回のベーシックコースは、

ほかの地域のものとは、

少し異なった特色があるようです


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



今回、今年度最後の

ベーシックコースの募集が始まりました






開催地はです






そうです






北海道です





北海道のベーシックコースには、

かつて私も2回参加しました(詳しくはコチラ





徐々に、北海道の地で

認知運動療法の輪

が広がってきているようです





今回のベーシックコースの詳しくはコチラ



日本認知運動療法研究会認定 

      認知運動療法ベーシックコース(北海道)


日程 平成22年3月20日(土)~22日(月・祝)
会場 北海道立子ども総合医療・療育センター(コドモックル)
 〒006-0041 札幌市手稲区金山1条1丁目240番6

対象 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
定員 60名(先着順)
受講料 20,000円
講師 高橋昭彦(高知医療学院)
宮本省三(高知医療学院)
渡部敦子(都公社豊島病院)
人見眞理(重症心身障害児施設 ソレイユ川崎)
原  修(リハビリテーション中伊豆温泉病院)
特別講師 佐藤公冶(北海道大学・発達心理学)
補助講師 木村正剛(北海道立子ども総合医療・療育センター)
掛水真紀(愛宕病院)

<申込方法> こちらの申し込みフォームから申し込みください。
・ フォームからのみ受け付けます。
・ メール、電話等での申し込みは受け付けませんのでご了承下さい。
・ 後日、受講可否をお知らせいたします。

<問合せ先> 北海道立子ども総合医療・療育センター 訓練課
 FAX:011-682-1399
 E-mail:etch@mail.goo.ne.jp(木村 正剛)
・ 問合せは、件名に「認知運動療法ベーシックコース札幌」と記載してください。
・ 問い合わせは必ずメールかFAXにてお願い致します。

<主催> 日本認知運動療法研究会

プログラム
第1日 2010年3月20日(土) 患者の病態をどのように捉えるか
10:00~10:50 認知運動療法とは何か  高橋
11:00~11:50 認知過程の活性化  人見
13:00~13:50 特異的病理(中枢)という考え方 渡部
14:00~14:50 特異的病理(整形外科)という考え方 原
15:00~17:50 観察と訓練の組織化(実技) 高橋・全講師

第2日 2010年3月21日(日) 運動はどのように生まれるか
9:30~11:30 発達心理学とは何かVygotskyを中心に   佐藤
11:40~12:30 運動の発達と認知の発達 人見
13:30~14:20 小児疾患の病理とは 人見
14:30~15:20 認知運動療法士の臨床 木村
15:30~16:20 PISA・Vygotsky小児発達センターの臨床 高橋
16:30~18:00 運動システムアプローチ 宮本


第3日 2010年3月22日(月・祝) 臨床の未来指向性
9:30~12:00 上肢・体幹機能の回復を目指して(実技) 宮本・渡部
13:00~15:30 下肢機能の回復を目指して(実技) 高橋・原
15:40~16:00 総括 全講師






今回のベーシックコースは、

ほかの地域のものとは、

少し異なった特色があるようです










どうやら成人だけではなく、

小児についての内容も多いようです









講師陣を見てみると…






重症心身障害児施設で認知運動療法をされている

人見先生がいらっしゃいます









「認知運動療法の臨床」

と題された症例発表では、

北海道立子ども総合医療・療育センターの木村先生

が発表されます





木村先生とは、お会いする機会が多く、

いつも、熱い話をしながら、

刺激をもらっています







年末年始に札幌へ帰省した際にも

お会いしました(詳しくはコチラ







そして







特別講師がいらっしゃいます






北海道大学の佐藤公冶先生です





佐藤先生は、発達心理学の中でも

Vygotskyについて研究されているそうです









Vygotskyといえば









Perfetti先生が

認知運動療法を考案するうえで参考にされた研究者

です






そんな

Vygotskyの講義もあるベーシックコース

どのような三日間になるか楽しみです












話は変わり・・・






ベーシックコースと言えば






今週末には、

認知運動療法ベーシックコース(兵庫)

が開催されます





私は、スタッフとして、

実技演習のお手伝いをさせていただきます





懇親会も楽しみです






認知運動療法ベーしくコース(兵庫)に参加される皆様







お会いできることを楽しみにしております

私に気がつかれた方は、

ぜひとも声をかけていただければ嬉しいです



ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


コメント
この記事へのコメント
告知感謝です♪
おはようございます、木村です。
北海道Basic corseを丁寧に紹介していただき
ありがとうございました。
意外と敬遠されがちな小児領域ですが、
人間発達の観点からみると
治療における様々な要素が含まれており
子ども特有の問題や難しさはあれど
考え方として非常に有用であると思います。
是非多くの先生方に参加していただきたいですね♪
・・・とはいえ昨日募集開始され初日で既に
40名以上の参加希望者が!
定員は60名を予定しており希望される方
全員を受け入れるのは難しいかもです。
基本的に先着順なのでこのBlogをご覧に
なっている先生方はお早目に☆
兵庫Basicの成功も祈っておりますね~
2010/01/08(金) 07:02 | URL | 木村 #-[ 編集]
ベーシックコース
>木村さんv-22

小児と成人の認知運動療法については、
多くの共通点がありますねv-21

できれば私も伺いたいのですが、
今回は参加できずに残念ですv-394

すでにコースの定員は達したでしょうかv-363v-361
ご希望の方は、お早めにv-355v-355

明日から兵庫ベーシックに行ってまいりますv-280
2010/01/09(土) 00:47 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/254-44ece014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。