脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は参加できませんでしたが、

認知運動療法アドバンスコースが終わりました

どのような内容か気になります

最新の情報を知ったときに,

注意しなければならないことがあると思います

そして、イタリアからの風が全国に吹きます


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



私は参加できませんでしたが、

11月21日~22日に福岡で開催されていた、

認知運動療法アドバンスコースが終わりました





イタリアから来られた

Franca Pante先生

認知運動療法における最前線の講義

をされたと思います











どのような内容であったか気になります













受講された皆様にとっては、

よく理解できなかったこと

なるほどと思ったこと


たくさんの経験があったことだと思います










受講された皆さんは、

認知運動療法における最前線の講義を聞かれて

どのような感想だったでしょうか












ブログ内の掲示板などを用いて、

多くの方々と意見交換ができれば良いなと思っています










「勉強になった

「刺激になった


といったことでもかまいません





掲示板への書き込みをいただければ嬉しいです










アドバンスコースに参加できなかった方々に、

イタリアからの風を感じていただきたいです















私自身は、

イタリアの先生方が最前線の講義を聞くときに

気をつけなければならないこと

があると思います














それは














最新の情報を理解するためには、

これまでの過去の情報を理解しておく必要がある

ということです








イタリアでの認知運動療法は、長年かけて

何度も仮説が反証されていくなかで、

       新たな仮説が構築され、検証されるサイクル


が繰り返されています







最新の情報は、

過去からの積み重ねられた仮説-検証作業

の上に成り立っています





そのため、

最新の情報を正しく理解するためには、

基本概念をはじめとした、

      過去の情報を理解すること


が重要になると感じています









アドバンスコースの講義で教えていただけるのは、

過去のことは少なく、

最新のトピックスが多くなります


















最新のトピックスの多くは、

新鮮であり、

飛びつきたくなります



















しかし



















最新のトピックスだけではなく、

基本を忘れないこと

が大切になると思います















基本概念の理解などが不十分な状態で、

最新のトピックスだけを取り入れた臨床

を行うとどうなるでしょうか

















それは

















患者さんが良くならず、

壁に当たってしまいます














結果が出ません
















そうならないためにも、

基本概念といった基本的なことをはじめとした、

           過去の情報から積み重ねて理解すること


が大切になると思います










認知理論という大きな足場

を作る必要があります














これから、各地の勉強会で、

アドバンスコースの伝達が始まります







全国各地にイタリアからの風が吹きそうす



ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


コメント
この記事へのコメント
No title
僕も同感です。
今回のアドバンスコースの内容は、今までのマスターコースの積み重ねのような内容でした。ですので、過去にどのような話が出て、どうして現在の内容になったのかを理解することが重要だと思います。
なので、各地で伝達講習するときにはそのような内容も含めることが、各地の勉強会の主催者の役割だと思います。僕も、もう一度、過去のVTRや資料を見直しながら対応したいと思います。
2009/11/25(水) 23:19 | URL | 新米 #-[ 編集]
人に伝える
>新米さんv-22

コメントをいただきまして、ありがとうございますv-354

学んだことを人に理解していただけるように伝えることは、
大変な作業になりますが、
伝達の準備をしていく過程において、
自分の知識の整理に繋がりますねv-352

過去の資料を何度読み返しても新たな発見がありますv-22
今の自分に満足せず、学ぶ姿勢を忘れずに進んで行きたいですv-355
2009/11/27(金) 07:36 | URL | 生野達也 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/233-5965b607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。