脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この度、脳梗塞を発症され、リハビリをされている方から質問をいただきました

内容は、麻痺された手足の機能を回復・維持することについてです

認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の視点から、

まとめさせていただきました

「動く」ためには「感じる」ことが大切になると思います


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、
皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
先日のブログ(詳しくはコチラ)に、一つのコメントをいただきました

それは、脳梗塞を発症され、リハビリをされている方からのものでした



頂いた質問は以下の通りです




『現在、筋肉の増強と維持・麻痺している、足、手、指の筋肉の維持は

認知運動療法の見解からどのようにすれば、衰えた筋肉を回復出来るのでしょうか

不躾な愚問で申し訳ありませんが、本人は悩んでいますので、

お時間が出来た時で結構ですのでわかりやすく教えて下さい』




麻痺された手足の機能を回復・維持するということは、

とても切実な願いであると察します



頂いたご質問に対しまして、

私見をふまえて、答えさせていただきます





まずは、認知運動療法(認知神経リハビリテーション)について、

説明させていただきます



認知運動療法では、麻痺などの運動障害を捉える考え方が、

これまでのリハビリの理論とは異なります

また、訓練の目的としましては、

楽に動くためのコツをつかんでいただくこと

と言えると思います




一般的な考えでは、麻痺された手足が動かない原因として、

筋力筋緊張

が挙げられます



そのため、回復・維持することを目的として、

筋力増強訓練などが行われます



一方、認知運動療法では、麻痺された手足が動かない原因を

適切に感じることができないこと

と考えております



そのため、回復・維持することを目的として、

感じる訓練

が行われることが特徴になります



麻痺された手足を動かす際や、歩く際に、

「動いている感じ」や「地面についている感じ」が

良い方の手足と比べて、

「ぎこちない」

「足の裏に薄い皮がはっていて鈍い」

と感じることや、

麻痺された手足を「重たい」と感じるといった、

良い方とは異なる感覚

を経験されたことはございませんでしょうか



認知運動療法では、

麻痺といった運動障害

良い方とは異なる感覚の原因を

適切に感じることができないこと


と考えております



ここで「感じる」というのは、

動いている感覚(運動覚)

触る感覚(触覚)

圧力の程度の感覚(圧覚)


などが挙げられます



「適切に感じる」ということは、

患者さんの一人では、なかなか難しいことですので、

我々セラピストとの訓練を通じて、

「感じるコツ」を見つける作業を行います



不思議なことに、「感じるコツ」に気をつけながら動いていただきますと、

訓練の前よりも、

「動きやすい」

「地面についている感じがわかりやすい」

「手足が軽い」


といった変化が見られます



「感じるコツ」をつかむことで、

楽に動くためのコツ

をつかむことになります



楽に動くためのコツを十分につかむことができましたら、

リハビリが終わった後も、

ご自宅で楽に動くことができると思います





以上が、認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の概略になります





ご察しかと思いますが、認知運動療法では、

筋力増強訓練を行いません



無理に筋力増強訓練を行うのではなく、

「感じるコツ」をつかみ、楽に動くこと

によって、麻痺された手足の機能を回復・維持を図ります



麻痺された手足で、筋力増強訓練をすると

手足の緊張が高くなってしまい、

動きにくくなってしまうことや、

「動いている感じ」や「地面についている感じ」

鈍くなってしまうことはございませんでしょうか



患者さんの多くは、

「筋力増強訓練をしないと、手足が弱ってしまう」

と心配されている方が多いかと思います



しかし、ご病気をされる前のことを考えますと、

日常生活を送る中で動いていれば、

手足が弱ってしまうことはなかったのではないでしょうか



認知運動療法(認知神経リハビリテーション)では、

訓練を通じて「感じるコツ」をつかみ、

楽に動くことによって、

麻痺された手足の機能を回復・維持を図ります




また、コツをつかむということは、

学習することだと言われています



そのため、ご病気されてからある程度の期間が経過した方であっても、

訓練を通じて、学習していくことで、

徐々に麻痺された手足の機能が回復する場面も見られます





以上、認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の視点から、

麻痺された手足の機能を回復・維持することについて、

述べさせていただきました



わかりにくい点や私にできることなどがございましたら、

いつでもご連絡をいただければ幸いです



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お体や認知運動療法についての無料メール相談を受け付中

   脳梗塞や脳内出血、整形外科疾患などによる障害をお持ちの方やセラピストの方などで、  

   ご希望の方はブログ左の「無料相談メールはこちら」に入力していただくか、

   コチラのメールアドレスまでメールをいただければ幸いです  

          『neurocognitive.rehabilitation@gmail.com』





脳のリハビリである認知運動療法について知りたい方コチラ






脳のリハビリである認知運動療法の具体的な訓練場面コチラ






脳のリハビリである認知運動療法を

     臨床展開するための考え方についてはコチラ

    (最初の記事から順に読んでいただくとよいと思います





ブログランキングに参加しています
本日もブログ読んでいただきまして、ありがとうございます
 
よろしければ本日も応援のワンクリックをお願いいたします
ただ今2位 日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ただ今73位 人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー



コメント
この記事へのコメント
No title
お早う御座います。
沢山のご指導有り難う御座います。
私が今、月1回リハビリに通っている山梨(柏塾)の柏木先生の提唱しておられる、「環境適応」と認知運動療法はどことなく、相通じるのかなって考えています。
大変貴重なご指導感謝致しております。
今後とも宜しくお願い致します。
2009/08/27(木) 07:14 | URL | 「えび爺」 #-[ 編集]
相通じるもの
>えび爺さんv-22

おはようございますv-278

柏木先生のところへ行かれているのですねv-352

今回の記事も何かのお役にたてれば幸いですv-354

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたしますv-22
2009/08/27(木) 07:52 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/168-db19e504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。