脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年、認知運動療法研究会では、全国各地でベーシックコースを開催しています

今回、熊本ベーシックコースの募集が始まりました

認知運動療法士への道の始まりです

皆さんは、初めて受けたベーシックコースで、

どのようなことを感じたでしょうか

私が感じたのは…


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



毎年、認知運動療法研究会では、全国各地でベーシックコースを開催しています

今回、熊本ベーシックコースの募集が始まりました

詳細は以下の通りです



認知運動療法ベーシックコース(熊本)



日程 2009年9月19日(土)~21日(月)
会場 熊本リハビリテーション学院 (熊本市小山2丁目25-35)

対象 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医師 他
定員 80名(定員に達し次第締め切り,先着順)
受講料 20,000円
受付開始日 2009年7月21日(火)より受付開始
宿泊 熊本市内中心部に各自手配のこと
※近日中にホテルの場所等の案内を提示予定です。
(水道町、鶴屋周辺が便利です。希望人数次第で会場までのバスを運行予定です。希望のある方は受付フォームに必ず記載ください。市内中心部から会場までは車で30分程度掛ります。バスの便はあまり良くありません。)
会場駐車場 有(無料)。
注意事項 動きやすいカジュアルな服装でおいでください。
実技の時間はスカートを避けてください。
講師 池田耕治(熊本リハビリテーション学院・コーディネーター)
内山将哉(名瀬徳洲会病院)
小川 昌(YMCA 米子医療福祉専門学校)
沖田一彦(県立広島大学)
小鶴 誠(朝倉健生病院)
宮本省三(高知医療学院)
講師補助 浅海靖恵(九州看護福祉大学)
亀割 郷
虎口祥子(熊本セントラル病院)
松田隆治(熊本リハビリテーション学院)
松本 泉(西日本リハビリテーション学院)
その他、熊本県認知運動療法研究会スタッフ


<申込方法> ・ 募集受け付けフォームにて申し込むこと。

・ 特に、レセプション参加の有無(20日夜4000円程度)、昼食の希望(19・20・21日の3日分の弁当1500円程度、注意:学院近くに歩いて行けるコンビニはありません)、バスの希望(19日復路、20日往復、21日往路分で4000円とします)を明記してください。
・ メールにて受付後、先着順に受講許可を返信します。
・ 受講費・レセプション・昼食費の合計を9月11日(金)までに振り込むこと(口座は返信メールへ記載します)。

<問合せ先> 熊本リハビリテーション学院 池田耕治までお願いします。
E-mail:kumamotoBasic2009@gmail.com
※問い合わせは必ずメールにてお願い致します。
<主催> 日本認知運動療法研究会

プログラム
第1日 2009年9月19日(土)
10:00 受付開始
10:30 コースオリエンテーション plus 池田耕治
10:40 「認知運動療法-認知理論に基づいたリハビリテーション治療-」池田耕治
12:00 昼食
13:10 「観察と訓練の組織化(1)-脳卒中片麻痺-」小鶴誠
15:20 「観察と訓練の組織化(2)-高次脳機能障害-」内山将哉
17:00 「観察と訓練の組織化(3)-整形外科疾患-」小川昌
18:30 終了

第2日 2009年9月20日(日)
09:00 「改善しなければならない機能とは」「道具をどのように適応するか」沖田一彦
10:30 「実技(1)-上肢・手指に対する認知運動療法の実際-」池田耕治+スタッフ
12:10 昼食
13:20 「実技(2)-下肢・体幹に対する認知運動療法の実際-」宮本省三+スタッフ
15:00 「認知神経科学と認知運動療法-治療体系の妥当性と可能性をめぐって-」
沖田一彦
16:40 「神経現象学と認知運動療法-いかに患者を観ていくのか-」宮本省三
18:00 終了
19:00 レセプション

第3日 2009年9月21日(祝・月)
09:30 「症例で学習する(1)-整形外科疾患-」小川昌(症例提示:熊本スタッフ)
11:10 「症例で学習する(2)-脳卒中片麻痺-」小鶴誠(症例提示:熊本スタッフ)
12:40 昼食
13:40 「症例で学習する(3)-高次脳機能障害-」内山将哉(症例提示:熊本スタッフ)
15:20 「質疑と総括:認知運動療法の臨床展開~未来に向けて~」
講師全員(司会:池田耕治)
16:30 終了






ベーシックコースは、認知運動療法士への道の始まりです

皆さんは、初めて受けたベーシックコースで、

どのようなことを感じたでしょうか







私が感じたのは…







可能性



です



初めてベーシックコースを受けたのは、7年前になります

高知県でのベーシックコースでした



講義の内容は、複雑で十分に理解できないことも多くありました



しかし、どの講義もとても興味をそそられる内容が多く、

講師の先生方の熱い気持ちにも感動したことを覚えています



ベーシックコースを終えて…



認知運動療法を理解できたようで、混乱しているようで,

複雑な心境でした





その中で、一つ強く感じたことがありました





それは







機能回復への可能性



です



十分に理解できてはいませんでしたが、

この考え方ならば、

少しでも患者さんを機能回復させることができるかもしれない

と感じました



その可能性を信じ、今は大阪の地にいます

あの時に感じたことを胸に、日々の臨床で患者さんに向き合っています





皆さんは、初めてベーシックコースを受けて、

どのように感じられたでしょうか

皆さんの感想を伺えれば嬉しく思います



ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ




コメント
この記事へのコメント
私の場合
私がBasic course受講に際し感じたのは後悔と謝罪の念、ですかね。自分のこれまで信じてきた治療を根底から覆されたあの時を振り返ると今でも激しい自責の念を感じ消えてしまいたいとすら感じます。
しかしこれまでの自らを受け入れ、新たなる方向に舵を切る判断を下したことは正しい選択であったと確信しています。
まだまだ未熟ではありますが、日々深化し続けられるよう努力する所存ですので御助力よろしくお願いいたします。
2009/07/26(日) 01:47 | URL | kimura #-[ 編集]
最善を尽くす
>kimuraさんv-22

貴重なご意見をありがとうございますv-21

認知運動療法は従来のリハビリテーション理論とは異なりますので、大きな衝撃でしたv-12

後悔と謝罪の念……私も感じました。

認知運動療法に出会う前も患者さんのために最善の努力をしてきたつもりでしたが、これからは新しい理論に立って最善の努力をしていきたいと思っていますv-22

私もまだまだ未熟ですが、こちらこそよろしくお願いいたしますv-19

2009/07/26(日) 10:32 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
未熟なりに
私はおととし高知のベーシックを受けたのが始まりだったのですが、その時に感じたのは「希望」でした。
初めて宮本先生の講義を受けて、1年程体験したリハビリの世界で抱えていた
「何か違う。自分のやっていることに違和感を感じる」という答えに一つ扉が見えたような気がしました。
その時は自分自身の力が足りないばかりに新しいことに対する「逃げ」もあったかもしれませんが、今はものすごく大切な、「相棒」的な存在ですね^^
やっと入り口の扉を開こうとしているばかりなので、患者さんと一緒に扉を開いていきたいなと思ってます。
また色々と教えてくださいv-14
2009/07/26(日) 15:38 | URL | #-[ 編集]
すみません
上の投稿、私のものです。
名前が抜けてました…。
2009/07/26(日) 15:40 | URL | 組長 #-[ 編集]
未来への希望
>組長さんv-22

貴重なご意見をありがとうございますv-354

新しい環境には慣れてこられましたでしょうかv-361

従来のリハビリテーションに対して違和感を感じてらっしゃった方は多いかもしれませんねv-21

認知運動療法は、セラピストだけではなく、
患者さんと一緒に歩んでいくようなイメージがありますv-22

皆さんで色々と情報交換ができれば素晴らしいですねv-352

新しい臨床の場に移られてからのお話も是非とも教えてくださいv-278
2009/07/26(日) 23:19 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
No title
私は鹿児島・福岡でベーシックコースに参加しました。
認知神経リハビリテーションを知る前は、すでに他の概念や技術にエビデンスが乏しいと分かっていながらも、自然回復期の患者さんに対してあたかもセラピストの技術によるものと信じている世の中にあることも分かっていながら、それ以外の技術をしらず過ごしていました。そんな事を他の病院の先生と飲み会の席で話したときに、認知~のことを始めて聞きました。そこで、この世界に踏み込みました。
ベーシックを受け、全体的にぼんやりとした状況しか把握できませんでしたが、自分にしっくり来るものがあり、2回目のベーシックでそれを強く感じ、同年にアドバンス→マスターと一気に受講しました。たしかに何かが今までと違う考えであることを強く感じ、さらに追求したい、この考えと共にありたいという気持ちにさせられたことは確かだと思います。
2009/07/27(月) 00:12 | URL | Regina #-[ 編集]
運命的な出会い
>Reginaさんv-22

飲み会での話がきっかけとは、運命的な出会いですねv-354

その飲み会に参加されていなかったならば、

認知運動療法と出会うこともなかったかもしれないと考えると、

いろいろな出会いは縁ですねv-22


2回、ベーシックを受講されたのですねv-363


そのままマスターコースまで受講されるとは、

Reginaさんの熱い気持ちを感じますv-42

「この考えと共にありたいという気持ち」

私も強く感じますv-352

同じ気持ちを抱く仲間が全国に増えることは素晴らしいことですねv-22

今後も認知の輪が広がることを願いますv-280
2009/07/27(月) 22:37 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/150-0be3e6e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。