脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る6月23日に

兵庫県認知運動療法(認知神経リハビリテーション)勉強会

に参加してきました

当初、二人で参加する予定が一人で参加することに…

寂しさとの葛藤の先には、が待っていました


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


去る6月23日に

兵庫県認知運動療法(認知神経リハビリテーション)勉強会

に参加してきました



いつも兵庫の勉強会には後輩と二人で参加しています



今回も後輩と予定を確認し、二人で参加する予定でした



大阪から会場である兵庫県立リハビリテーションセンター(西明石)までは、

電車で片道一時間以上かかります

いつも臨床や研究の話をする良い時間となっています





勉強会当日の業務終了間近



一本の連絡が





後輩が仕事の都合で勉強会に参加できなくなってしまいました





一人で西明石へ電車の旅



少し寂しさとの葛藤がありましたが電車で向かいます



今回の往復の時間は質的研究の本を読んでいました

ライブ講義・質的研究とは何か (SCQRMベーシック編)ライブ講義・質的研究とは何か (SCQRMベーシック編)
(2007/09/10)
西條 剛央

商品詳細を見る


ライブ講義・質的研究とは何か (SCQRMアドバンス編)ライブ講義・質的研究とは何か (SCQRMアドバンス編)
(2008/05/20)
西條 剛央

商品詳細を見る


以前、日本認知運動療法研究会の副会長でもある

県立広島大学の沖田一彦先生に紹介していただいた本です



「ライブ講義」とのことで、文章が学生との対話形式なっており、

とても読みやすい書籍です

量的研究と質的研究の違い

どのように質的研究を進めるのか


などなど具体的な例が載っていました





あっという間に西明石へ到着

タクシーで会場へ向かいます



今回の内容は、兵庫医療大学の香川真二の講義でした

テーマは「認知運動療法の概念」

です



今回の参加者は約40名

中には認知運動療法の話を聞くことが初めての先生もいらっしゃいました



そんな中、講義が始まります



初めて聞く先生方にもわかりやすいような、

具体的な例を挙げての講義が展開されます



講義や発表を行ううえでは、その内容も重要ですが、

わかりやすいようにどのように伝えるのか

が重要になることを最近、痛感しています



学習における最近接領域

学習者のレベル(難易度)に応じて、

教育者は学習の手段や手助けの方法を臨機応変に変化させなくてはなりません

認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の臨床も「学習」であることから、

講義の伝え方に認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の臨床につながるものを感じます



認知運動療法の基本概念の復習とともに、

講義の進め方においてもとても勉強になりました




講義は進み…





サプライズゲストとして高知医療学院の高橋昭彦先生が来場



短時間ではありましたが、講義をしていただきました



「医療は進歩している中で、リハビリも進歩しなくてはならない」

「わからない身体で無理に動作訓練を行うことが、
                  必ずしも良いとは限らない」


など、受講生にメッセージが投げかけられました

最後に死体からの両前腕移植症例のビデオが紹介されました



受講生が引き付けられるのを感じました



新規の学習における定位反射の重要性を感じます




勉強会終了後、兵庫リハの前田先生とお話をさせていただく機会がありました

自らの進路についての相談をさせていただき、

今まで先が見えにくかった暗闇の中に少しが見えてきました



今日の勉強会は、当初一人で参加する葛藤はありましたが、

能動的に参加することによって、たくさんのことを得ることができました

これからも能動的に生きていくことを心の中で確認しました



明日は大阪認知運動療法勉強会で発表予定



学会準備もありますが、まずは明日の資料の完成を目指します



今回紹介させていただいた書籍を購入される方はコチラ

ライブ講義・質的研究とは何か (SCQRMベーシック編)ライブ講義・質的研究とは何か (SCQRMベーシック編)
(2007/09/10)
西條 剛央

商品詳細を見る


ライブ講義・質的研究とは何か (SCQRMアドバンス編)ライブ講義・質的研究とは何か (SCQRMアドバンス編)
(2008/05/20)
西條 剛央

商品詳細を見る





ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/138-ad1b38bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。