脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この度、認知運動療法関連の書籍が発売されました

運動の生物学 改訂第2版 臨床家のための脳科学です

帯に書いてある言葉が印象的です

「ただ、結びあわせよ…」

内容が楽しみです


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

この度、認知運動療法関連の書籍が発売されました

臨床家のための脳科学 運動の生物学です

運動の生物学 改訂第2版 臨床家のための脳科学運動の生物学 改訂第2版 臨床家のための脳科学
(2009/05/26)
塚本 芳久

商品詳細を見る


著者は、摂南総合病院 認知神経リハビリテーションセンターのセンター長である,

塚本芳久先生です



塚本芳久先生は、これまで「運動の生物学」シリーズを3冊執筆されています

(購入される方はコチラ)

運動の生物学―臨床家のための運動学入門運動の生物学―臨床家のための運動学入門
(2001/11)
塚本 芳久

商品詳細を見る


運動の生物学〈2〉臨床家のための発達科学入門運動の生物学〈2〉臨床家のための発達科学入門
(2003/02)
塚本 芳久

商品詳細を見る


運動の生物学〈3〉意識へと向かう臨床のビジョン運動の生物学〈3〉意識へと向かう臨床のビジョン
(2004/02)
塚本 芳久

商品詳細を見る


今回の書籍は、シリーズ3部作を一冊に整理・統合し、

内容を全面的に刷新したものだそうです



目次を見てみると…



感じることと動くことは生命の営みの“原型”である

脳_神経システムの本質は情報システムである

人間の情報統合システム

スーパー・ニューラルネットワーク

情報システムは運動行動や意識をどのように生みだすのか

発達期における行為としての運動

情報統合システムに対するリハビリテーション

「意識」へと向かう臨床のビジョン

臨床を生きる




どれも認知運動療法の臨床につながるような内容です

読むのが楽しみです





話は変り…



先日の京都認知運動療法勉強会は結局、参加できませんでした

前回(詳細はコチラ)に引き続き、

今回の内容も症例を通じたディスカッションだったので参加したかったです

ブログを読んでいただいている方の中に、

京都の勉強会に参加された方はいらっしゃいましたら、

どのような内容であったか教えていただければ幸いです



来月は、必ず参加したいと思います



せっかくいただいた質問に対して、お答えするのが遅れております

少しバタバタしておりまして、作業がなかなかできません

大変申し訳ありません

もう少しお待ちいただければと思います



来週末には少し落ち着くかも…



本日紹介した書籍(購入される方はコチラ

運動の生物学 改訂第2版 臨床家のための脳科学運動の生物学 改訂第2版 臨床家のための脳科学
(2009/05/26)
塚本 芳久

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ




コメント
この記事へのコメント
本を読むこと
 「運動の生物学」は3冊とも持っていて、一応目は通したのですが、残念ながら何一つ頭に残っていません。私には難しすぎました(爆)

 ですが、最近はETC関連の本に線を引くことを解禁し(高い本ばかりなのでどれも線を引くことを躊躇してました)、斉藤孝さんの3色ボールペンならぬ3色蛍光ペン読書を始めました。

 これによって、以前より多少は読解力が上がったと思います。ただ、本当は「難解な本を読む技術」に書いてあったようにノートをとりながら本を読むのがいいのでしょうがこれがなかなかめんどくさくて…(爆)

 最近また「脳の中の身体」を読みました(多分4回目くらい)。読む度に以前解らなかったところが少しずつですが解ってきます。

 時を同じくして、ネットで「2004年ETC勉強会」の資料を手に入れそれも読みました。その資料でも塚本先生はETCに関係する本を「3回以上読み直した」と仰っています。

 私はETC関連の本を全て3回以上読み直そうと決意しました。「運動の生物学改訂版」も買う前に、もう一度3冊を読み直そうと思います。

 こういうことを考えると、しろいなまけもの先生に安易に質問していたことを反省しています。 

 本来はETC関連の情報を無償で提供してくれている、こういったブログの存在だけで、満足するべきです。

 こちらこそ、いつも質問ばかりで大変申し訳ありませんでした。 しかし、いつもそれに答えていただき大変感謝しております。ありがとうございます。
2009/06/06(土) 10:06 | URL | getemono #-[ 編集]
No title
お久しぶりです。

運動の生物学、かなり興味をそそられる内容ですね!!
しかも、値段が安いww

最近は作業のことばかりしか勉強してなかったので、ちょっと脳科学を勉強しなおしてみます(・∀・)
2009/06/07(日) 21:38 | URL | hisa #EJiDGgAk[ 編集]
情報交換の場
>getemonoさんv-22

いつもコメントしていただきまして、ありがとうございますv-48

「運動の生物学」シリーズは確かに難しい内容かもしれませんねv-87
私も勉強を始めたころは、難しい印象を持ちましたv-356

しかし、認知運動療法の臨床を経験した上で、再度、読んでみると、
なるほどと思えることが多々ありましたv-280
シリーズの書籍に奥の深さを感じますv-22


いつも質問していただきまして、ありがとうございますv-354
このブログが認知運動療法に興味を持つ方々の情報交換の場になれば嬉しい限りですv-22
私でよければ、また質問していただければ嬉しく思いますv-278
今後ともよろしくお願いいたしますv-352
2009/06/11(木) 00:17 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
安い買い物
>hisaさんv-22

お久しぶりです

書籍は、著者の長年かけた知識を格安で手に入れることが出来ると思うと、
格安の買い物ですねv-21

確かに、今回の「運動の生物学」は分厚いのに関わらず値段も安いですねv-354

私も熟読したいと思いますv-87
2009/06/11(木) 00:21 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/134-dc6f4ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。