脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月末に東京で第44回日本理学療法学術大会が開催されます

当院からは4演題が発表予定

昨日、今日と予演会が行われました

東京へ向けて、スタッフ全員で準備です

そんな中、私の発表における課題が出てきました


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



今月末に東京で第44回日本理学療法学術大会が開催されます

東京国際フォーラムを会場として、

5月28日から30日の日程で行われます




学会テーマは「EBPT」



エビデンスに基づいた理学療法が問われます



どのような学会になるか楽しみです





当院からは4演題が発表予定



テーマはそれぞれですが、

認知運動療法関連の発表になっています



昨日・今日と当院では、学会の予演会が行われました



昨日2演題




今日2演題





活発な議論が交わされます



若手から経験者まで、

さまざまな意見が出されました



認知運動療法は、まだまだ世間では広まっていないために、

どのように発表するか

が大切になります



認知運動療法は、従来のリハビリテーションとは理論が異なります



専門的な用語が多く、伝わりにくい可能性があります





どのように伝えるのか





とても大切になります



認知運動療法の本質を伝えながらも、

わかりやすく



難しい問題です





自分の発表の順番がやってきました



少し緊張しながらも発表を修了



発表してみると、あんなに準備したはずが、

抜けている点やわかりにくい点に気がつきます



スタッフから多くの意見をいただきました



時間をさいてくれたスタッフに感謝です






議論を通じて、私の発表の課題が見つかりました






私の発表では、

認知運動療法は感覚訓練ではない

という点をどのように伝えるかが課題となります



認知運動療法は感覚訓練ではない

ということは、以前の大阪の認知運動療法勉強会

でも話題になりました(詳しくはコチラ



認知運動療法では、

感じるための方略を学習する

ことを目的としています



つまり

体の感じ方(考え方)を学ぶ

ということだと思います



この点を

いかにわかりやすく伝えるのか

難しい問題です



発表まで、あと2週間

東京へ向けてがんばりたいと思います



ブログを読んでいただいている方の中にも

学界に参加される方も多いのではないでしょうか



東京でお会いできれば嬉しく思います



ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/124-16eff13c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。