脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このたび、大阪認知運動療法勉強会が開催されます

内容は塚本芳久先生の講義です

4月になり新しい仲間を迎えて、どのような講義になるのでしょうか

楽しみです

ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ




このたび、大阪認知運動療法勉強会が開催されます

内容は塚本芳久先生の講義です



詳細は以下の通りです



大阪認知運動療法勉強会

日時;5/21(木)18:45~21:00頃
場所;摂南総合病院 認知神経リハビリテーションセンター(新館3F)
※病院正面玄関からではなく、新館階段からの入場をお願いします。

内容;①認知運動療法の基本概念(摂南総合病院:塚本芳久先生) 
    ②グループディスカッション  

※臨床につなげるような内容にしたいと考えておりますので、みなさんの参加をお待ちしております。 
  
参加費;200円
勉強会に参加される方は、所属・氏名を記載の上、下記アドレスまで御連絡ください。
摂南総合病院 認知神経リハビリテーションセンター
 生野達也
e-mail;osaka_neurocognitive@yahoo.co.jp



4月になり、勉強会にも新しい仲間が増えたことと思います

大阪では、新しい仲間を向かえ、

認知運動療法の基本概念

の講義があるようです



その後に、グループディスカッションがあるので、

わからなかった点を聞くことができそうです



塚本芳久先生は、

以前、現代思想という雑誌で認知運動療法の特集があり、

認知運動療法の基本概念

という項を執筆されていました

(購入される方はコチラ

現代思想 2006年11月号 特集=リハビリテーション現代思想 2006年11月号 特集=リハビリテーション
(2006/10)
不明

商品詳細を見る




とてもわかりやすく、今でも読み返すことがあります

学生さんや新人に対して、

「認知運動療法を勉強するために初めに読む書籍」

として、薦めます

他にも森岡周先生の脳科学の項などもあり、

私もおすすめの一冊です





しかし






すでに絶版





Amazonを見ても、中古しかありませんでした






しかも






4500円






高いですね



現代思想のほかの絶版したものよりも、

明らかに高いです

人気なのでしょうか


(購入される方はコチラ

現代思想 2006年11月号 特集=リハビリテーション現代思想 2006年11月号 特集=リハビリテーション
(2006/10)
不明

商品詳細を見る






大阪の勉強会では、どのような講義が聞けるか楽しみです



ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



コメント
この記事へのコメント
現代思想
 現代思想 2006年11月号は僕も欲しくて、出版元の青土社に在庫状況問い合わせたんですが「古書でお探し下さい」とのこと…amazonも高いですし困ったものです。

 塚本先生の講義は聴いてみたいですね。勉強会って学生でも行っていいんですか?まあ普通、学生は行かないでしょうけど(苦笑)

 ところで上記と全然関係ない質問があるんですが、授業で「痙性麻痺によって起こった拘縮や変形は治ることはない」と聴いたんですが、回復の可能性はもう全くないのでしょうか?
2009/05/12(火) 21:56 | URL | getemono #-[ 編集]
可能性
>getemonoさんv-22

いつもコメントいただきまして、ありがとうございますv-352

勉強会は、これまでに公式に学生さんが参加されたことはないとは思いますが、
参加可能だと思いますv-21

会場の病院で実習している学生さんは、
参加されていることがありましたv-21

来週の勉強会に参加されるのでしょうかv-236


>「痙性麻痺によって起こった拘縮や変形は治ることはない」と聴いたんですが、回復の可能性はもう全くないのでしょうか?

痙性麻痺が長期間続いたことによって、
筋が短縮してしまった場合は、
難しいかもしれませんv-393

しかし、短縮に至っていない場合は、
訓練によって筋緊張が制御されれば、
回復も可能だと考えますv-352

また、聞いたところによると、痙性麻痺を呈していた患者さんが、
脳卒中を再発された時に、

これまで痙性によって拘縮していると思われた筋の筋緊張が低下し、
可動域が得られたということもあるそうですv-280

そのように考えると、回復の可能性が「全くない」とは言い切れないのかもしれませんv-22
2009/05/13(水) 00:59 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
学生さんの参加
>getemonoさんv-22

来週の大阪認知運動療法勉強会の件ですが、
確認したところ、学生さんの参加も可能なようですv-21

日本認知運動療法研究会のホームページにある
「各地の勉強会から」のカテゴリに詳細がのっていますv-48

参加される場合は、所定のメールアドレスにメールをしたいただければ参加が可能になると思いますv-216

よろしくお願いいたしますv-22
2009/05/14(木) 00:58 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
勉強会
 いつも質問に答えてくださりありがとうございます。
 今回の勉強会は、新しい仲間の為の認知運動療法の基本概念ということですので、臨床未経験の僕でも参加する価値はあると思い質問させていただきました。しかも塚本先生ですしね。
 参加できるのなら参加してみたいので、さっそく上記アドレスに問い合わせてみたいと思います。ありがとうございます。
 
 関節拘縮の質問にも答えていただきありがとうございます。
 僕は「認知運動療法講義」に載っていた死体からの両手接着の症例を読んだので、先生が「関節拘縮は治らない」と言った時、実は心の中では「難しいかもしれんけど回復の可能性はあるやろ?」って反論してました。嫌な学生ですね(苦笑)
 関節拘縮で思い出したので、すいません、さらに質問させていただきたいんですが、当たり前に行われている(…と聞いている)急性期の関節拘縮予防の為の筋ストレッチに、認知運動療法は否定的な見解を示していますが、実際、現場では急性期の関節拘縮予防はどのように行っているのですか?
2009/05/14(木) 01:00 | URL | getemono #-[ 編集]
大阪での出会い
>getemonoさんv-22

今月の大阪の勉強会に参加されるのですねv-21
ブログを通じて出会った方とお会いするのははじめてですv-352
どこか緊張しますねv-411v-356
大阪でお会いできることを楽しみにしておりますv-22

急性期の拘縮予防について質問していただきまして、ありがとうございますv-280
同じことを疑問に感じてらっしゃる方も多いかと思いますので、生地にさせていただきたいと思いますv-354

よろしくお願いいたしますv-22
2009/05/16(土) 21:43 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/122-f07d44a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。