脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2008/10123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この度、新しいリンクを追加しました

その名もいわて認知運動療法勉強会です

都道府県の認知運動療法勉強会とのリンクは二つ目です

相互リンクに至った経緯とは…


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


この度、新しいリンクを追加しました

その名もいわて認知運動療法勉強会です

都道府県の認知運動療法勉強会とのリンクは二つ目です



私のような個人のブログが、

各地の認知運動療法勉強会のホームページとリンクさせていただけることは

とても嬉しいことです



今回、相互リンクさせていただくことになったのは、

一通のメールが始まりでした








ある日、私のブログのメールボックスに一通のメールが届きました







差出人は








岩手のセラピストの方でした








その内容とは…



<メールから一部抜粋>

先生のブログいつも拝見させていただいており、とても勉強になっております。

岩手ではまだまだ、認知運動療法が臨床に根ざしたものになっておりませんが、
勉強会を継続的に行っていく中で、個々の小さな活動を生み出し、
次第に全体として大きなものを生み出せるよう頑張りたいと思っております。

その勉強会の中で、「観察・評価・プロフィール作成」を行いたいと思っているのですが、
先生の「 認知運動療法 の基本概念から訓練のためのプロフィール作成へ」 が非常に分かりやすく、
是非参考にさせていただきたいと考えておりましたが、よろしいでしょうか?

まだまだ未熟ものの集まりである岩手認知運動療法勉強会でありますが、
志の高い者たちが集まっております。
何卒ご理解いただけるよう、よろしくお願いいたします。



ブログの内容を参考にしていただけるとは、とても嬉しいことです

当然、了解させていただきました

少しでも認知運動療法を志す方々の力になれれば嬉しく思います




このメールをきっかけに、いくつかメールのやり取りを重ね、

今回、相互リンクさせていただくことになりました



今後もいろいろと情報交換させていただければと思います



ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ



コメント
この記事へのコメント
No title
相互リンクいただきまして、ありがとうございます!

先生からは学ぶことばかりですが、双方向で情報を交換できるよう、いわての皆とともに頑張っていきたいとおもいます。

今後ともよろしくお願いいたします!!!
2009/05/05(火) 06:57 | URL | mikami #-[ 編集]
こちらこそ、よろしくお願いいたします
>mikamiさんv-22

こちらこそ相互リンクいただきまして、ありがとうございますv-352

私もまだまだ未熟ですのが、
少しでも認知運動療法の臨床に取り組む方々の
お役に立てれば嬉しく思いますv-22

皆様との情報交換を通じて、より良い臨床が生みだされれば良いですねv-48

l今後ともよろしくお願いいたしますv-354
2009/05/06(水) 00:28 | URL | 白いなまけもの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neurocognitive.blog105.fc2.com/tb.php/114-ad60bd5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。