脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2012/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る8月25・26日に福岡県柳川市で
開催されている勉強会PEACHにて
講演をさせていただきました

基本的な理論から実技まで
明日の臨床に繋がる」ことをテーマとして
講演させていただきました

充実した2日間の様子はコチラ
[PEACH勉強会での講演]の続きを読む
スポンサーサイト
座っていると
良い方の腰に硬さや痛みが出る」
ことはありませんか(>_<)?



そして、リハビリなどで
「腰をもんでもらうと楽になる」
けれども
時間が経つとまた痛くなる
という不思議な経験は
ありませんか(・_・;?



今回は不思議も腰が楽になる
「座るコツ」をご紹介します☆
[脳梗塞・脳内出血 動きのコツ:体が倒れる?]の続きを読む
立った姿勢で麻痺側に体重を
かける時に「不安定さ」を感じ、
体が麻痺側へと傾いていまう方は
腰や足に「力を入れて」支えよう
としていませんか(^_^)?

自然と体が安定して、
体も傾きにくくなる
土台の軟らかさ
のコツとは…??
[【脳梗塞・脳内出血 動きのコツ:土台の軟らかさ】]の続きを読む
手をあげようとすると、

「硬さ」や「重さ」を感じる方は

さらに精一杯力を入れているのに

なかなかあがらないという

経験はありませんか?




手があがらないのは

筋力の問題ではなく、

脳が「手のあがり方」を

忘れているのです。





脳の中の動きに関わる処理では

正しい動きが生まれるためには

正しく感じることが大切☆





動く時の感じ方が間違えていると

うまく動けないのです!





手をあげる時に

「どこが動いているか?」

に耳を澄ましましょう☆





手先や肘が動いている

と感じてはいませんか?





手があがるためには、

「手の動きがどこから

起こっているか」という

手の動きのもと

をたどって感じてみましょう!





楽に真っ直ぐ座り、

肩の力を抜いた状態から

「肩の先端を軸にして

脇のしたがスーッと伸びる」

という肩関節の動き

感じながら手をあげましょう!





正しく感じられると、

精一杯力を入れるよりも

楽に手があがる

可能性があるのです☆



(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。



~~無料メール相談受付中!~~

「動きのコツ」に気をつけても
変化がない場合は、
「気をつけ方が間違えている」
可能性が高くなります。

お一人では正しい感じ方に
気づきにくいことが
多いようですが、
メールのやり取りからも
お体に関する新たな発見や
変化を実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みやご相談が
がございましたら、まずは
お気軽にご相談ください。

ブログ左上にある
「無料メール相談受付中」の
フォームに入力してください☆
いよいよ今週末の25‐26日は、


福岡県柳川市で開催されている

セラピスト向けの勉強会「PEAC​H」で

講演をさせていただきます!

そのテーマとは…!?
[今週末は福岡へ!]の続きを読む
感覚障害をお持ちの方も

そうでない方も

バランスの悪さを感じる場合は

目を閉じて足元の輪郭

耳を澄ましましょう!



良い方では、

「輪郭やどの指かがはっきりわかる」

と感じる一方で、麻痺側では

「足元がぼやけてわかりにくい

と感じることは有りませんか?



足元の輪郭がぼやけることで、

支える面積や濃さが少なくなる

結果として、

バランスが悪くなるのです!



そのような方は、安定した

座った姿勢や立った姿勢で

親指と小指と踵の中で

比較的感じやすい場所


見つけましょう!



そして、感じやすい場所を

基準」として、

他の2点との位置関係をチェック

できると

足元の輪郭がハッキリ

してきます!



ハッキリした足元を感じながら

歩くことができれば、

バランスの取りやすさと

手足のやわさかを実感できます!



(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。



~~無料メール相談受付中!~~

「動きのコツ」に気をつけても
変化がない場合は、
「気をつけ方が間違えている」
可能性が高くなります。

お一人では正しい感じ方に
気づきにくいことが
多いようですが、
メールのやり取りからも
お体に関する新たな発見や
変化を実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みやご相談が
がございましたら、まずは
お気軽にご相談ください。

ブログ左上にある
「無料メール相談受付中」の
フォームに入力してください☆
歩行のリハビリの中で

安定して歩くためには

踵を含めた足の裏で

体重のかかる重みを感じる


ことが大切



しかし、気をつけても

「踵の重みを感じにくい

という方は、足のつき方

耳を澄ましましょう



振り出した後に

踵をドスンと地面につけて

いませんか



足のつき方を変えることで、

踵の感じやすさ

が変わります



つけ根からゆっくり振り出して

踵が地面についた「瞬間」

正確に感じられると、

その後の踵の重みが感じやすく

なります



すると、どうでしょうか…

不思議なことに

安定感が生まれてきます


(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。



~~無料メール相談受付中!~~

「動きのコツ」に気をつけても
変化がない場合は、
「気をつけ方が間違えている」
可能性が高くなります。

お一人では正しい感じ方に
気づきにくいことが
多いようですが、
メールのやり取りからも
お体に関する新たな発見や
変化を実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みやご相談が
がございましたら、まずは
お気軽にご相談ください。

ブログ左上にある
「無料メール相談受付中」の
フォームに入力してください☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。