脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2008/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
認知運動療法では、「環境世界と関係を作り出すためには、

中枢神経系は情報を収集しなければならない」と言われています

このような「情報を収集する過程」、つまり、環境世界を「感じる」・情報を「知る」過程が

認知過程と言われています

今回は、先日の日記で紹介した脳梗塞に伴う左片麻痺の患者さんとの訓練の一場面です

注意に色々な問題を生じており、特に足部の認識が困難でした

今回、セラピストが注意を援助し認知過程を活性化することで、

足底部の圧覚の認識が可能になりました

その具体的な方法とは…


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
[認知過程の活性化へ向けて…注意を援助☆]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。