脳梗塞・脳出血や整形外科疾患の後遺症に対する新しいリハビリ方法である認知運動療法(認知神経リハビリテーション)の紹介。 麻痺や痛み・しびれの回復へ向けた日々の取り組みや基本的な考え方の紹介、相談コーナーもあります。

2008/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまで「認知過程」、「運動の捉え方」と進んできました

「運動」に対して従来のリハビリテーションとは異なった視点で観察することで、

「運動の異常」を呈する患者さんの病態解釈を行う視点も新しいものへと変化します

今回は、訓練を行うための病態解釈を行う上で重要になる

「認知神経的な仮説」について整理してみました


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
[病態解釈のための認知神経的な仮説とは!?]の続きを読む
スポンサーサイト
先日(10月15日)、日記に書かせていただいた

脳梗塞に伴う左片麻痺の患者さんです

前回は、訓練の設定を変更しセラピストが多くの援助を行うことで、

なんとか硬さの異なるスポンジの2番と4番の差異を認識することが可能になりました

しかし、まだまだ不十分です…

セラピストの援助がなくても患者さんが自分で「感じる」ことができるようになるために、訓練を進めていきました


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
[認知過程の活性化へ向けて…注意を援助(続編)☆]の続きを読む
認知運動療法では、「環境世界と関係を作り出すためには、

中枢神経系は情報を収集しなければならない」と言われています

このような「情報を収集する過程」、つまり、環境世界を「感じる」・情報を「知る」過程が

認知過程と言われています

今回は、先日の日記で紹介した脳梗塞に伴う左片麻痺の患者さんとの訓練の一場面です

注意に色々な問題を生じており、特に足部の認識が困難でした

今回、セラピストが注意を援助し認知過程を活性化することで、

足底部の圧覚の認識が可能になりました

その具体的な方法とは…


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
[認知過程の活性化へ向けて…注意を援助☆]の続きを読む
現在、脳梗塞に伴う重度の左片麻痺を呈した患者さんを担当しています

左半身に対する注意にも問題があります

中枢部の認識は比較的良いのですが、関節運動に対して痛みが生じることが問題となりました

運動覚の認識に対して、いろいろ援助を行いましたが、やはり痛みは出現

そこで、中枢部へのアプローチに戻ることで光が見えました

そのアプローチとは…


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
[痛みのない身体へ]の続きを読む
認知運動療法は認知理論に立脚しており、「運動」に対しての解釈が従来のリハビリテーションとは異なります

認知運動療法を臨床で行うためには、

認知運動療法における運動の捉え方を理解することが重要になると考えます

認知過程を活性化し、環境世界との関係を作り出すために、

中枢神経系は情報を収集しなければならないと言われています(認知運動療法講義P23)

それを表す図として、書籍によく書かれているのがAnochinの「機能環」になります

今回は、認知運動療法における「運動の捉え方」について機能環の図を見ながら整理していきたいと思います


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
[運動の捉え方とは何か!?]の続きを読む
リハビリテーションを行う時には、それがどのような理論に立脚しているのかを理解することが重要になると思います

同じ問題に対して、立脚している理論の種類によって解釈が異なりますし、アプローチも異なります

認知運動療法は、認知理論に立脚しています

そのため、認知運動療法を臨床で行うためには、

認知理論を理解することが重要になると考えます

特に重要になるのが認知過程の理解になると思います

以下に認知過程について整理したいと思います


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
[認知過程とは何か!?]の続きを読む
今日は、朝から慣れないブログと戦いながら、「観察から訓練に至る過程」をどのように整理するかを考えていました

どのようにプロフィールにつなげるか

これが、なかなか難しいです

やっと流れが浮かんできました

その流れとは…


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
[基本概念からプロフィール作成に向けて]の続きを読む
去る10月3日に京都認知運動療法勉強会に参加してきました

京都ベーシックコースの直後ともあり、新しく参加された先生方もいらっしゃいました

今回の内容は、認知運動療法の基本概念の復習と手の訓練についての実技でした

あらためて感じたのは、認知運動療法における専門用語の難しさ

帰りには後輩達とディスカッションしながらのご飯に行きました


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
[京都認知運動療法勉強会に参加しました☆]の続きを読む
先日、認知運動療法のブログを開設した報告をさせていただきました

皆さんから、たくさんの応援のコメントをいただきました

いろいろ意見を伺っていく中で、ブログの方向性を考えました

自分が認知運動療法に出会ったからのこれまでのことを思い出しました

ブログを通じて、書籍から臨床へつなげるお役に立てれば良いなと考えております


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
[認知運動療法との出会い~ブログ開設へ(ブログの方向性を考えました☆)]の続きを読む
mixiで認知運動療法に関する日記をつけ始めて約3ヶ月

一緒に勉強させていただける多くの仲間が増えました

私の日記を見ていただいて、みなさんといろいろ情報交換ができることを心から嬉しく思います

今回、ずっと頭にあった認知運動療法に関するブログを開設することにしました


ブログランキングに参加しています
少しでも多くの方に認知運動療法を知っていただくために、皆さんの応援をよろしくお願いいたします
皆さん応援が力になります  以下のバナーをワンクリックお願いいたします
人気ブログランキングへ1票  ブログランキングのバナー
日本ブログ村 リハビリへ1票 にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
[初日記です]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。